プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

私は長い間、東京の公立中学校で音楽科教師をしていました。
また、長い間、部活動と市民バンドで、指揮者をさせていただいていました。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
ささやなか経験と、大いなる感謝の心をもって、頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


自動翻訳


本日もご覧いただきありがとうございます。

みなさんは、運転免許をお持ちでしょうか。

平成29年3月12日. スタート. 改正道路交通法が施行されます。

【今回の道路交通法改正ポイント】

 1)準中型自動車免許の新設
─車両総重量3.5トン以上、7.5トン未満

18歳以上であればで、普通運転免許証を持っていない人で取ることができます。

 2)高齢運転者への臨時認知機能検査と講習の実施
──認知症を疑う違反に限る

75歳以上の高齢運転者への対策として、認知機能検査を実施します。

その結果、第一分類(認知症の恐れがある)と判断された運転者に対しては、公安委員会は臨時適性検査(専門医による診断)を行うか、医師の診断書の提出を命じることができるようになります。

専門医による診断等で認知症が認められた場合は、免許の取消しか停止が行われます。

1

交響交通網が整備されている地域は別として、全国では移動の手段、仕事の手段として、いくつになっても運転することが「生活に欠かせない」方々が大勢いらっしゃいます。

しかし、認知症や高齢による判断の遅れが、事故の原因となるケースは今後も増加する・・・
今回の改正は、大きな判断をしています。

「医師の診断」が義務付けられる・・・・
しかしこの「診断」をくだす、医療現場では、大きな問題を抱えていることが報じられています。

(2017年2月18日朝日新聞デジタル)

認知症診療拠点の医療機関を朝日新聞社が全国調査したところ、回答した73機関の8割超が、受診者急増による「診断の遅れ」と「専門医不足」に懸念を示しました。

診療体制の整備が進まないと、認知症のドライバーの免許取り消しが遅れます。

同時に、認知症かどうか受診する人の急増で、一般の人を含む患者の早期治療に支障が出るかもしれない・・・
というものです。

原因は「専門医の不足」にあるようです。

2

例えば・・・

島根大学医学部付属病院(島根県出雲市)の新規の認知症患者は年約200人。
認知症疾患医療センターの予約から受診までの期間は、今も1~2カ月。

新年度に「認知症のおそれ」と判定され、受診を求められる県内のドライバーは県警の推計で約800人。

山口修平センター長は「受診待ちは3~4カ月になる可能性もある。治療を必要とする人への診療が遅れることが心配だ。医師会とも相談して対応を検討中」と話します。

・・・・・・・
制度が出来ても、現場の対応が追いつかない。

今回の改正に始まったことではなく、いろいろな場面で起きていることです。

自分で運転しなくとも、移動ができる社会。
新幹線や高速道路など、利権の大きいインフラだけに目を向けず・・・

赤字だからと簡単に廃止するのではなく、
人が安心して暮らせる、交通インフラにもっと目を向けてほしい。

認知症診断の現場も、知りませんでした。
運転免許のあるなしに関わらず、認知症診断は、これからますます必要になり、増えて行くことは想像できます。

どちらも自分にとっては、とても他人事ではありません。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

本日もありがとうございます。

うさぎのミッフィー

2

ミッフィーの生みの親、オランダの絵本作家ディック・ブルーナさんが、2017年2月16日。
故郷のオランダ中部ユトレヒトで老衰のため、お亡くなりになりました。
89歳でした。

1

ディック・ブルーナさんは、1927年オランダ・ユトレヒト生まれ。
1953年、「りんごぼうや」で絵本作家としてデビューしました。

55年にミッフィーシリーズの第1作「ちいさなうさこちゃん」を発表。
日本では石井桃子さんの訳で64年に出版されました。

ミッフィーは、ご自身の息子さんの為に生まれたキャラクターなのだそうです。

ディック・ブルーナさんは、10代半ばで第2次大戦を体験し、祖国オランダはナチス・ドイツに侵攻されました。

戦時下の冬のある日、ユダヤ人が冷たい湖を泳いで逃げるのを見て、憤りと悲しみを覚えたと言います。
「この体験がぼくの人生を決定づけたのかもしれません」と生前語っています。

戦争が終わると、1951年に父の出版社に商業デザイナーとして就職しながら、本の装丁やポスターを手がけ、絵本も描きました。

「ミッフィー」は、赤、青などわずかな色の色づかいと簡略な輪郭で描く手法を確立し、国内外のデザイン賞を相次ぎ受賞しました。

出版社を辞めて独立してからは、仕事場でたった一人で描く仕事のスタイルを守り通しました。

ミッフィーシリーズは50カ国以上で翻訳され、ぬいぐるみやテレビ、映画なども広く愛されています。
生涯で120冊以上の絵本を刊行し、発行部数は8500万部・・・

ディック・ブルーナさんは、世界的な名声を得ても、アシスタントを雇うことなく、構想から仕上げまで、自分ひとりの手でやり遂げ続けたそうです。

自身の戦争体験から、ディック・ブルーナさんの作品は、飢餓、貧困、病気から子どもたちを守る・・・
そんな想いで、世界中の子どもたちを包み込むような、あたたかで優しい絵本やイラストを描き続けました。

東日本大震災では、涙を流すうさこちゃんのイラストで、日本の子どもたちを励ましました。
1

平和への強い願いを作品に込めて、子どもたちに贈り続けたディック・ブルーナさん。
これからもミッフィーは生き続けます。

心よりご冥福をお祈りいたします。

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、とても嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
本日もありがとうございます。

都内郊外にある公立中学校。
今月もお伺いさせていただきました。

顧問の先生は音大作曲科出身。
私の和声分析の師匠です。

先生とは長いお付き合いがあり、ここ数か月は、新しい異動先の生徒さんたちと、継続的に「聴く力」「自主的練習」「基礎力」をつけるためのお手伝いをさせていただいています。

ずっと「楽器なし」の練習を積み上げていましたが、今回は「楽器あり」

「合奏の中で応用できるリトミック・ソルフェージュ」

あいにく、2年生がインフルエンザで学年閉鎖中。

進路を決めて戻ってきた3年生と、1年生による練習となりました。

まずはいままでのおさらい。
1

4

「聴く」「歌う」「演奏する」を繰り返します
2

3

素直で、キラキラしたみなさん。
明るくおおらかに愛情を注いでいらっしゃる、顧問の先生のご指導の賜です。

基礎練習のための基礎練習ではなく

合奏のための
良い演奏のための
基礎練習・・・・

習慣化されれば・・・

3年生は卒業しても
1年生は新入生が入ってきても

必ず活かすことができると思います。

春はもうすぐです。
みなさん体を大切に、コツコツ、コツコツ。
頑張ってくださいね。

おかげさまで元気をいただました。
さようなら
ありがとうございました。

5

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のマークを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
ありがとうございます

東京での再会

本日もありがとうございます。

先週は東京で、うれしい再会がありました。

福井県福井市内の公立中学校の先生です。
神奈川県での研修があり、その時に時間を作ってくださいました。

先生は、音楽科。

ご指導なさる吹奏楽部を、異動するたびにすばらしいバンドに育て上げていらっしゃいます。

リトミックを部活、授業でとり入れていらしっしゃるので、DVD制作の時にも、ご協力くださいました。

なにより音楽科として、その授業の質の高さに尊敬します。

生活指導、学級経営など、教員の本分の部分で、生徒、保護者、校内で信頼されている方です。

先生とお会いすると、吹奏楽のお話と言うより、授業の在り方、実践のお話で盛り上がります。

そして何より、そのお人柄に惹かれるのです。

今回は新しい学習指導要領のこと。
音楽科としての学び。
教育システムのこと。
小中音楽科授業の連携・・・

話は尽きず、刺激と発見、学びをいただきました。

私が福井市内に転職したときからですから・・・
知り合ってもうすぐ10年になります。

尊敬する先生のお1人です。

こういう再会があるたびに・・・
しみじみとご縁に感謝するのです。

どうぞこれからもお身体に気を付けて・・・
ありがとうございました。

1

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
本日もありがとうございます。

東京は連日暖かく晴天が続いています。

そんな穏やかなある日。
今月も都内にある、認知症の方々が暮らす、グループホームにお伺いさせていただきました。

この日は、新しい入居者様が入り、6名でのご参加をいただきました。

とても暖かい日だったので、春の歌を中心に歌唱からスタート。

★内容です(60分)

■導入
「しあわせなら手をたたこう」で、手足をほぐじ、発声を兼ねてリズム模倣と「ほたるこい」。

■歌唱
富士の山・ふるさとなどお馴染みの歌から、春が来た、ひなまつりなど、季節の歌

■リズム
太鼓であいさつ・太鼓で即興お囃子
風船ゲーム

■合奏
ラテンリズムで、打楽器とキーボードによる即興合奏
トーンチャイムによる、ペンタトニック即興合奏

■歌唱
リスエストコーナー

■整理

・・・・・
合奏では、キーボードがお気に入りの方が、ペンタトニック合奏でも、トーンチャイムよりキーボードをお好みのようなので、音色を筝に変えて参加していただきました。

歌唱では、新しい入居者様が映画にお詳しく、1曲1曲に映画の思い出を語ってくださいました。

リスエストもたくさん出ました。

毎回、ご体調によりみなさまのお気持ちや、空気は異なります。

その中何あって、柔軟に寄り添える音楽を心がけたいと、しみじみと感じます。
今回も勉強させていただきました。

春はそこまで来ています。
寒暖の差がある時でもあります。

スタッフのみなさま。
ご入居のみなさま。

くれぐれもご自愛下さい。
さようなら
ありがとうございました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

««前のページ  | ホーム |  前のページ»»