広島県呉市でむかえた8月15日

本日もありがとうございます。

広島県呉(くれ)市

明治以降、造船、製鉄の街、軍港として栄え、現在も世界最大級のタンカーなどを建造する街です。
昨年の夏、訪れました。

3

戦艦大和を建造した軍港としても有名です。

ここには、「大和」を主軸とした施設や、海上自衛隊の施設が観光名所として並びます。

5

呉の駅からは真っ直ぐに遊歩道が伸びています。
1

■てつのしぐら館

「大和ミュージアム」の左手には、「てつのくじら館」があります。
海上自衛隊の呉資料館です

1

大きな潜水艦の中と建物の中には、海上自衛官の生活や、最新鋭の機材が展示してあります。

2

潜水艦の内部へも入ることが出来ます
2

■大和ミュージアム

「てつのしぐら館」からすぐのところに、「大和ミュージアム」があります。
4
3

館内でまず目にする戦艦「大和」
10分の1で再現されているそうです。

4

隣には零式艦上戦闘機通称「零戦」
5

特殊潜航艇「海龍」
4

資料展示室内
戦中戦後の呉の街の様子が写真展示されています

5

1

戦艦大和の乗員の写真と手紙の展示コーナー
5

私も、手紙やはがきを1通1通読みました。

えんぴつや、ペン、毛筆もあります。
10代、20代とは思えないほどの達筆で丁寧な文字でした。
検閲される環境での、最大限の優しさと愛に満ちたものでした。

乗員のみなさんの写真を見ました。

若い・・・あまりに若い。
大げさでなく、卒業生たちの姿にダブりました。
現代の街のどこにでもいる、若者たちの姿です。

涙が止まらなくなった。

そんなとき・・・

ウーと、サイレンが鳴りました。

12時だったのです。
8月15日の正午です。

館内の人々は、立ち止まり、黙とうをささげました。


目を閉じている近くで、パシャッパシャッというシャッター音がたくさん聞こえました。
黙とうしている私たちを撮っているのだろうか・・・
複雑な気持ちでした。

■艦・船めぐり

海上自衛隊が運営している30分コースに乗船しました。
3

最初は大型タンカーがずらりと見えていました
2

少し進むと・・・

たくさんの潜水艦、戦艦、航空母艦、巡視船・・・
その数と大きさに圧倒されます。
ここは陸からは一切見えません。

2

録音された案内に、家族ずれの多い船内からは「おー」とか「カッコイー」「スゲー」と、歓声が上がります。

その中に、私もいました。
私もそう思ったのです。

でもだんだん恐ろしくなってきた。
理屈でない、率直な感覚でした。

ついさっき、大和ミュージアムで見聞きした、光景が浮かんだからです。

だだじっと、その光景を眺めていました。

1

1

下船して・・・

「見せ方」ということを考えました。
どちら目線で、どんな方法で、何をみせるのか・・・

そこから、自分は何を見て、感じるのか。
それは自分自身の問題なのだと・・・

2016年8月15日。
呉で過ごせたこと
忘れません。

明日は72年目の8月15日です。

★大和ミュジアムへの交通アクセス・館内案内・催し物等委細はこちらからご覧ください
大和ミュジアム公式ページ

いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
下の写真に触れて、ご協力いただけたら幸いです。

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

私は中学生の時の修学旅行は、広島、京都でした。
でも、呉までは行けなかったから、今度行ってみたいと思います。
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード