沖縄慰霊の日72年目の祈り

本日もありがとうございます。

今日は沖縄慰霊の日です
沖縄県が制定している記念日です。

第二次世界大戦末期、1945年4月1日。
アメリカ軍は、沖縄本島上陸によって本格的に戦闘を開始しました。

この戦いには、陸海空において日米の大兵力が投入されました。

フィリピン、硫黄島の戦いと並び、第二次世界大戦における最激戦地のひとつとされています。

戦争末期当時、日本全国で「一億総特攻」による本土決戦が叫ばれていました。

日本軍は兵力不足を補うために、戦闘員としても住民を根こそぎ動員しました。

日本側の死者・行方不明者は20万人。

このうち、約10万人が沖縄で戦闘員として動員された人、民間人です。

2017年6月23日
72年目の祈りの日をむかえました。

糸満市摩文仁の平和祈念公園では午前11時50分から沖縄全戦没者追悼式が開かれます。

戦没者のみ霊を慰め、世界の恒久平和を希求します。

式には安倍晋三首相、関係閣僚、衆参両院議長らも参加する予定です。

沖縄全戦没者追悼式の前夜祭で、火をともす遺族代表
2017年6月22日夜、沖縄県糸満市の平和祈念公園

1
(写真、中日新聞)

追悼式では宮古高校3年の上原愛音(ねね)さん(17)が「平和の詩」に選ばれた「誓い~私たちのおばあに寄せて」を朗読します。

翁長雄志沖縄県知事は慰霊の日に合わせて「『命どぅ宝』という平和を願う沖縄のこころを世界に発信し、平和な未来を築いていく」との知事メッセージを出しました。

「命どぅ宝(ぬちどぅたから)」とは、沖縄語で「命こそ宝」という意味の言葉なのだそうです。

「平和の礎」には、本年度の追加刻銘を含め、24万1468人の名前が刻まれています。

戦前の平和な沖縄の暮らし・・・

現在、人工知能(AI)の技術を使って、1935年以前の戦前の沖縄の人々の暮らしをカラー映像化しようという取り組みも、朝日新聞社との共同作業によってはじめられるそうです。(2017年6月23日朝日新聞デジタル)

1

歴史の一コマではなく、そこに確かに「暮らし」があった。

戦争は今も世界中で続いています。

これからも知り、考え、伝えることは大切だと心から思います。

合掌。

いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
下の写真をタップして、ご協力いただけたら幸いです。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード