聖ミクラーシュ教会の室内楽

本日もご覧いただきありがとうございます。

先日のプラハの旅。

「プラハの春音楽祭」が終わった翌日、素敵な体験をしました。

プラハ最後の夜です

市内にはたくさんの教会がある中で・・・

聖ミクラーシュ教会
1

この教会での室内楽コンサートに行きました

市内には2つの同名の教会があり、訪れたのはブルダバ川の対岸、小地区と呼ばれる場所にありました。

聖ミクラーシュは、英語読みにすると「聖(サンタ)・ニコラウス」

12世紀にゴシック様式(尖った)で建造されていた教会に、18世紀、バロック様式(曲線や楕円が多く用いられ、豪華な装飾が特徴)で完成されたそうです。

コンサート会場入り口
2

ゴツゴツとした外観に、ドームと、ツルツルとした大理石の豪華な装飾。

外は暑かったですが、中はヒンヤリ

クラクラするほどの空間でした。

4

3

天上画も有名なのだそうです

3

4

ここでは、オルガン・声楽・チェロ・トランペットによる室内楽を聴きました。

曲目はバッハ・テレマン・モーツァルト・ヘンデル・フランクなど、17世紀から19世紀にかけての作曲家の作品です。

高い天井と室内一杯に響きが長く残り・・・

演奏を聴きながら、室内を見まわして味わいました。

モーツアルトが弾いたオルガンです(写真がヘタですみません)
5

私はてっきり、このオルガンでの演奏と思っていましたが、この日は別のオルガンで、ちょっとザンネン。

演奏会前に、教会の塔に登ってみました。

1

これがまた・・・けっこうな階段。
1

しかし上がりきると・・・

市内を一望できました。

2

下の写真の真ん中に人が密集しています。
ここが有名な「カレル橋」
ものすごい観光客でした。
私もここを渡って、この教会にやってきました。

3

チケットは490コルナ(約2300円)でした。

この日は週末。

帰り道は徒歩で30分くらいありましたが、あちこちの教会で演奏会が行われていました。

美術鑑賞しながら音楽を聴いたような、特別な夜となりました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード