最後の離任式

大型連休が終わりましたね。

いろんな意味で、お疲れが出ませんように・・・

本日もありがとうございます。

離任式

退職、異動した教職員に、全校生徒で「お別れ」をする式のことを言います。

この離任式。

東京の公立小中学校では、新年度になってから行います。

だいたい4月末、5月初めのゴールデンウィークにかけて、一斉に行われます。

(これをお話すると、他県の先生方は驚きます。他では、前年度内、異動が発表された直後に行います)

今年の3月まで勤めさせていただいていた都内公立小学校でも、5月2日に「離任式」が行われました。

私も出席させていただきました。

新年度なので、新1年生は下校、式には出ません。

進級した2年生から6年生までが体育館に集まっていました。

なつかしい顔があちこち(クラス替えしているので)に見えます。
それだけで、胸が熱くなります。

離任式の形は、都内はほとんど同じです。

1、離任する教職員が、1人1人、前に出ます。
2、担当の児童は2人1組で舞台に上がります。
3、1人が「お別れのことば」を心を込めて言い、終わるともう1人が花束と、お別れの文集を渡します。
4、最後に、教職員から「お別れのことば」をします。

私は最後だったので、話を聞きながら、体育館内の子どもたちの様子を隅から隅まで見ていました。

こういう光景もこれで最後なんだなぁと、勝手にしみじみしながら見ていました。

みんなとても真剣に話を聞いています。

小さな2年生たちも・・・

すばらしいです。

授業で一緒だった児童が、小さく手を振ってくれるので、目で「うん。うん」と合図しました。

私の番が来ました。

進級した6年生たちが言葉と花束と、文集をくれました。

宝物です
1

うれしかったです・・・

私は長時間、いい子で聞いてくれた子どもたちと・・・

ー最後にゲームしてお別れしましょう!!

・・・と、「聴く」ゲームをしました。

大笑いして、笑顔でお別れしたかったから・・・

同時に、今はもう、会うこともない、たくさんの「子どもたちへ」・・・

この「さようなら」に、38年分の想いを込めました。

・・・・・・

退場は、子どもたちの間を、歩きました。

授業で関わったことのない学年の子どもたちも、あたたかく、元気に「さようなら」と声をかけてくれます。

・・・・・・・・・

思えば人生最初の離任式も、小学校でした。

胃潰瘍で入院した音楽の先生の代わりに、2か月間だけ、新卒で講師を担当しました。

1学期の途中で去る私のために、全校児童臨時離任式をひらいてくださいました。

あの時、段ボール2つ一杯の子どもたちからのたくさんのプレゼントを抱えながら・・・

「小学校に勤めたい」と決心したことを覚えています。
(常勤時代は叶いませんでしたが)

小学校で始まり、小学校で終わった「離任式」

・・・・・・

常勤で異動された先生方の足元にも及ばない。

たった1年の授業だけのお付き合いでした。

それでも、こういう「時」をいただき、「お別れ」が言えたことに、心から感謝しています。

どうぞお元気で!!

教職員のみなさま、
保護者の方々、
そして児童のみなさん。

さようなら

ありがとうございました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
しみじみと、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード