古典派からロマン派への旅

本日もご覧いただきありがとうございます。

クラリネット・チェロ・ピアノによる、素敵な演奏会を聴かせていただきました。

クラリネット三重奏で聴く
古典派からロマン派への旅
2017年4月21日
KMアートホール(渋谷区)

1

クラリネット=梅原希枝
数々の国際コンクール覇者でスイスで活躍。

チェロ=アルベルト・フェレス
リヒテンシュタイン響首席奏者。

ピアノ=長谷川ゆき
ブラームス国際コンクール入賞、ピアニスト、指揮者。

■曲目
・ベートーヴェン、クラリネット三重奏、作品38
・モーツァルト、ピアノ三重奏、K.502
・ブラームス、クラリネット三重奏、作品114


初めての場所だったので、迷いに迷い・・・

グーグルマップを使い、「下車5分」を、20分かけて行き着きました。

ドアを開けると・・・
とっても素敵なサロン。

ベートーヴェンやモーツァルトもこういう場所でコンサートしていたのかなぁと・・・

調和のとれた演奏が美しかったです。

曲目解説もとても分かりやすく、楽しめました。

何より、演奏者同士のアイコンタクト、豊かな表情が印象的。
こちらまで、楽しい気持ちになります。

ベートーヴェンは、七重奏曲を、自身が三重奏に編曲したもの。
30歳頃の室内楽です。

交響曲第一番の頃です。

当時、大変人気のあった曲なのだそうです。
6楽章あります。

ところどころ、どこかで聞いたフレーズや動機が・・・・

室内楽を勉強することは、全てに通じると、習いました。
確かに・・・

ピアノという楽器を初めて対等に扱った、モーツァルトのピアノ三重奏。

ヴァイオリンは、人の声に近い温かいクラリネットで、軽快に、ときに、情緒的に聴かせてくれました。

ブラームス。
私は大好きです。

聴きながら、例によって「妄想の世界」に遊びました。

演奏者と聴衆との近い距離が、より、音楽との距離を近くしてくれたように思います。

本当に素晴らしい演奏会でした。

スイスに帰国されても、益々のご活躍をお祈りいたします。

ありがとうございました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード