都響とアラン・ギルバード「シェヘラザード.2 」

昨日は夏のように、むし暑い東京でした。
ご体調、崩されませんように・・・
本日もありがとうございます。

東京都交響楽団
第829回 定期演奏会Bシリーズ
日時:2017年4月18日(火)
場所:東京オペラシティ コンサートホール

1

・指揮/アラン・ギルバート
◎ニューヨーク・フィルハーモニック音楽監督
・ヴァイオリン/リーラ・ジョセフォウィッツ

■曲目
・ラヴェル:バレエ音楽《マ・メール・ロワ》
・ジョン・アダムズ:シェヘラザード.2
ヴァイオリンと管弦楽のための劇的交響曲(2014)
(日本初演)【ジョン・アダムズ70歳記念】


久しぶりの都響の演奏会。
調和のとれたアンサンブルと、柔軟な音色がとても素敵でした。
やっぱり私は、都響が好きです。

・ラヴェル:バレエ音楽《マ・メール・ロワ》

バレエ音楽としては、「ダフニスとクロエ」が有名ですが、この曲もとても美しい曲です。

この曲の原曲は、ピアノの連弾曲。
ラベル自身が、台本を書き、管弦楽版を作りました。
初演、1912年、パリ・芸術劇場(プログラムノートより)

とても幻想的・・・
聴いていて、自分の中に、「良い気」が入ってくるようで、うっとりしました。
はぁー疲れが取れるぅ・・・という感じ

・ジョン・アダムズ:シェヘラザード.2

「シェヘラザード」と言えば、リムスキー=コルサコフの交響組曲。
・・・しか、聴いたことありませんでした。

作曲したのは、ジョン・アダムズ
1947年(70歳)生まれ、アメリカ人。

こちらは、2014年の作曲。
初演は2015年、ニューヨーク・フィル・指揮・アラン・ギルバート

そして、「日本初演」が、この日でした。

会場には、作曲家の池辺 晋一郎さんもいらしていました。

主役は、千夜一夜物語の中で語られる物語ではなく、シェヘラザードその人。
バイオリン独奏は、4楽章を通して、シェヘラザードを演じています。

アラブ諸国における、女性の立場や、人権にかかわる様々な事件に触発されて作曲されたのだそうです。(プログラムノートより)

リーラ・ジョセフォウィッツさんの表情豊かな演奏(服装や、演奏する姿も含め)に、引き込まれました。

現代音楽ですが、なんか「哀し」かった。
悲しいではなく、哀しみの方です。
私には、そう聴こえました。

このバイオリンを、五嶋みどりさんなら、どう表現するのかな~なんてことも、ちょっと考えたりしました。

指揮のアラン・ギルバートさん。
いつもながらに、体格が良く、大柄なのに、とても繊細。
カッコいいです。

楽しい一夜でした。
ありがとうございました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード