「コンビニ人間」村田沙耶香著

本日もご覧いただきありがとうございます。

不思議な美しさ、切なさ・・・を覚えた本と出会いました。

2016年上半期の芥川賞受賞作。本屋大賞に輝いた本。
村田沙耶香さんの「コンビニ人間」です。


コンビニ人間
村田沙耶香著
文芸春秋

1

「コンビニエンスストアは、音で満ちている」
・・・・その書き出しから、引き込まれました。

主人公は36歳未婚の女性。
大学卒業後、就職せずに、18年間、コンビニのアルバイト一筋で生きています。

コンビニという空間に展開される、「働く姿」の描写に圧倒されます。
人間関係が、独特の視点で描かれています。

しかし本人にとっては、幸せな空間であるにもかかわらず、「世の中的」には「いい年して恥ずかしい」とみられます。

家族や友人たちは、主人公が未婚であることを心配し、なにくれとなく、世話をやきます。

それを察した主人公は「普通」にみられるにはどうしたら良いか、考えます。

ニセの恋人、同居人を家族に紹介し、「安心」してもらおうとします。

そして・・・・

主人公の奇妙な世界観に魅せられて、一気に読みました。
本当に、コンビニという空間がキラキラしているように感じました。

ひとつひとつの「描写」がリアルで、切ない。

「生き方」に「普通」や「恥ずかしい」があるのかと・・・・

主人公が発達障がいであるという見方もあります。
果たして、そうなのか。
自分の中に、こういう要素は全くないのか・・・

自分にとっての「コンビニ」は、もしかしたら「学校」だったかもしれない。
いろんなことがあったけれど・・・
やっぱりキラキラしていた。

そこから出て生きて行く(今はそうですが)のは、自分にとっては「普通」ではない、険しさがあります。

そんなふうに、自分にも問いかけたくなる本でした。

■この本はこちらからもお求めいただけます。
コンビニ人間

・・・・・
先日、新聞紙上に「生涯未婚率」が上昇しているという記事が掲載されました。

生涯未婚率

生涯未婚率・・・「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したもの。
生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す、統計指標。(公益財団法人、生命保険文化センターによる)・・・なのだそうです。

国立社会保障・人口問題研究所という所が、5年に1回国勢調査を分析してわりだしているそうです。

その結果今回は、50代での未婚率が・・・
男性が23・37%、
女性が14・06%、
だったそうです。

この結果を、非正規雇用増大による経済的貧困、介護など社会保障制度のぜい弱さにあるとしていました。

確かに、そういう一面もあるでしょう。

しかし、理由はそればかりではない。

いろんな個性
いろんな価値観
いろんな事情
・・・があっていいのだ。

統計を全て「世の中のせい」にする必要はない。
少子高齢化を阻止するためだけに、婚活する必要もない。

それぞれの人生のなかで、自分が感じる「幸せ」がきっとある・・・

そんなことを感じさせてくれる本でした。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード