小学2年生の鑑賞授業モーツァルト「魔笛」

本日もありがとうございます。

今年度は、都内の公立小学校で2年生と5年生の音楽授業を、非常勤講師として担当させていただいています。

先日、小学2年生で鑑賞授業をしました。
私の担当クラスは1クラスだけなので、教科書の鑑賞曲は、それぞれのクラスで行っています。

学期に一度の鑑賞授業は、4クラス一緒に実施させていただいています。
教科書にない鑑賞がテーマです。

1学期はオーケストラの「楽器」について
2学期は「管弦楽曲」ベートーベン5番

そして今回は・・・
モーツァルトのオペラ「魔笛」です。
(魔笛は4年生の教科書で扱います)

DVDは、チョンミョンフン指揮・東京フィルハーモニーオーケストラが制作した「こども・音・楽・館」を使用しました。
東京オペラシティーで収録されたもので、語り手が影絵を使って、物語を語る中で、演奏が進むものです。

2クラスずつ合同で行いました。

最初にオーケストラの楽器について質問。
みんなよく覚えています。
あれ以来、テレビの「題名のない音楽会」を見ているという児童もいます。

影絵のモーツァルトが「みなさん、こんにちは」と言うと、教室でも「こんにちはー」・・・

正味40分の授業の中で
・タミーノ王子
・パミーナ姫
・パパゲーノ
・パパゲーナ
・夜の女王
・・・それぞれ、有名なアリアを聴きました。

おどろくほど、集中して、聴き入っていました。

同じ女声でもパミーナ姫とパパゲーナ・夜の女王の声の高さが違うこと。
タミーノ王子とパパゲーノとの声の高さや質が違うこと。
夜の女王の声が超音波のように高いこと
パミーナ姫が恋をしているときと、心配しているときには、表情も歌い方も違うこと

・・・・聴き終ると、どんどんと発言が飛び交います。

素晴らしいです。

子どもたちの感性・聴く力は、無限大です。

「はい。おわりです」

・・・えーーーっっっ!!
まだ・・・ききたいーーーっっ!!
・・と、ブーイングの嵐。

じゃ、チャイムが鳴るまで「序曲」聴いちゃう?
オペラのまえがきです。

きく。きくーっ!!

・・と言うわけで、最後に序曲をしっかり鑑賞。

どこまでも素晴らしい子どもたちです。
合同鑑賞会は、これでおしまいです。

こちらこそ、みなさんからたくさんのことを学ばせていただきました。
ありがとうございました。

ご協力いただきました担任の先生方、ありがとうございました。

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード