僧侶の世界から考える教師の世界

本日もありがとうございます。

コンプライアンス
企業倫理・法令順守

ハラスメント
人を困らせること・嫌がらせ

この言葉が頻繁に使われるようになって久しいです。

伝統仏教の僧侶の中でも、現実問題として深刻にとらえられているようです。




(2017年1月14日、朝日新聞デジタル)
底冷えする昨年末の朝、京都府宇治市の禅寺、曹洞宗興聖寺(こうしょうじ)で催された座禅会。

30人強が壁に向かって座り、警策(きょうさく)を持った禅僧がその周りをゆっくりと歩いていた。
だが、警策で肩をたたかず、姿勢を直すために体を触ることもない。

座禅体験は近年、寺巡りとともに人気が広がっているが、トラブルの要因になりかねないからだ。

★座禅の警策(薄い棒でパチンと背中をたたく行為)は、体罰・セクハラか

僧は「少し前の感覚なら考えられないが、時代の流れに合わせて僧侶も変わる必要がある」と話す。

福岡市中央区の曹洞宗安国寺(あんこくじ)では数年前、40代の女性から「座禅中に背中を触られ、不快だった」と苦情を受けた。

以来、初めての参加者には姿勢を直すために体を触ることがあると、事前に説明するようにした。

★僧侶の不祥事

2013年には岩手県の曹洞宗の寺で、僧侶2人が年下の修行僧に暴力をふるったとして有罪判決を受けた。

2016年6月には天台宗の総本山・比叡山延暦寺(大津市)の僧侶が、修行僧ら3人に暴行していたことが発覚した。

善光寺(長野市)では、大勧進の貫主(かんす)がパワハラや差別的発言をしたとして、辞任要求される事態になった。

僧侶は禁錮刑以上が科せられると僧籍を剝奪(はくだつ)される場合もあるが、いったん僧籍を取ると更新する必要はない。

しかし、全国に7千寺を抱える浄土宗はここ数年、檀家から「教えを広める僧侶の力が落ちた」「葬儀での振る舞い方がよくない」「高額なお布施を要求された」と苦情が寄せられるという。

★僧侶の資格

明治7年には、大教院制度の関係もあって、各僧侶の住職としての資格を「試補」することになっていた。

「試補」とは、今の意味では、公務員などで試験に受かり、正式な任用されるまでの見習い期間を指すが、当時もほぼ同じ用例だったとされる。

実は、この辺は現代も生きていて、少なくとも曹洞宗では、正式な僧侶(教師という)になるにあたり、本来は試験を通らねばならない。

伝統教団のなかで最多の約1万5千寺を抱える曹洞宗は、現役僧侶に対する「現職研修」を毎年実施し、55歳までの僧侶には出席を義務付けている。

1

また2016年4月には、総本山知恩院(京都市)の敷地内に研修強化のための専門施設を完成させ、昨秋から2泊3日の研修を新たに始めた。

この研修を、僧侶の階級「僧階」の昇級条件に加えている。

★「当たり前のこと」を学ぶ場を設けた宗派も。

「僧侶の世界で当たり前のことができない人が増え、宗派として教えるしかない」

「葬儀や法事で僧侶が一方的に話し、難しい言葉を使って独りよがりになることも多い。僧侶への不信は仏教界全体の課題だ」




知りませんでした。

厳しい環境の中にあっても、頑張っている僧侶の方もたくさんいらっしゃると思います。

読み進めるうちに・・・
どこかの世界と似ているなと。

教師の世界です。

みなさんはどうお感じですか。

宗教も教育も、結局は携わる人の、「愛」「信頼」「人間力」なのかなと・・・

軸をぶらすことなく、しかし、柔軟に・・・

そんなことを感じます。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード