小学2年生第九鑑賞授業

東京もいよいよ冷え込んできました。
冬本番はこれから・・・
お寒い中、本日もありがとうございます。

昨日は、小学2年生の学年全体で、鑑賞授業を担当しました。

題材は、ベートーベンの第九です。

1学期、オーケストラのさまざまな楽器について、それぞれの音色、形、役割をDVDで鑑賞しました。

また、鍵盤ハーモニカでは「よろこびのうた」を全員、弾けるようになりました。

その流れの中で、4楽章だけをDVD鑑賞することになりました。

場所は視聴覚室ではなく、普通の空き教室です。
暗幕がなく、スクリーンも小さい。
スピーカーもない。
・・・というなかなかの条件でした。

担任の先生方と一緒に、窓に段ボールをはったり、厚手のカバーを吊り下げたりしてみました。
(あんまり効果はなかったですが・・・ないよりは良い)

2年生は4クラス、約120名。
みんな一緒です。

もう何度も「合同」は経験しているので、みんなとてもいい子です。

まずは一緒に「よろこびのうた」をうたいます。
大きな声で、素晴らしかったです。

楽器さんたちの復習も・・・
次々に、楽器の名前が飛び出します。
これもすごいです。

映像は、パーヴォ・ヤルビ。ドイツ・カンマーフィル
途中とめたり、解説なし。
一気に鑑賞しました。

始めてみると・・・・
吸い込まれるように、みんなスクリーンに見入っています。

約25分間。
途中で飽きちゃった子も何人かいましたが、私語なし。

90%くらいの子どもたちは、いっときも目を離さず、最後まで鑑賞しました。
キラッキラして、かぶりついていた子どもたちも・・・・

私はその様子をじっと見ていました。

演奏後は「拍手」
コンサートホールのマナーも一緒に話して、その通りにしてみました。

「かっこいい」
「指揮者がすごい」
「歌手の人の声が、人間じゃないみたい」
「スゲー」

理屈じゃない、何かって・・・
特に小さな子どもたちには、大切なこと。

子どもの感性って、本当にすごいです。

・・・・・・・
教科書にある「鑑賞曲」は、それぞれのクラスで取り組んでいます。

時には、教科書を離れて・・・・

こういう時間が持てたことは、担任の先生方のご理解のおかげです。

マイコプラズマ肺炎が、大流行中で、この日も欠席者が多く、マスクの子どもたちもたくさんいました。

お大事に・・・
ありがとうございました。

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、とても嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード