読響リハーサル見学その2

東京は久しぶりに晴れ間が続いています。
本日もありがとうございます。

下野竜也指揮・読売日本交響楽団による演奏会のリハーサル。
合唱団は、武蔵野合唱団です。

2日目も見学させていただきました。
会場は、神奈川県川崎市にある、ミューザ・川崎です。

曲目は
★ウィリアム・ウォルトン「ベルシャザールの饗宴」
★ヴィヴァルディ―「グローリア」


この日は、ソリストの方々、合唱団のみなさんとのリハーサルです。

今日も、プロの舞台リハーサルの仕方、マナー、演奏家に対する下野先生の配慮を目の当たりにしました。

・ヴィヴァルディ―「グローリア」から開始。

演奏者の人数が少ないことと、ソリストのみなさんの待ち時間がなくてむすように、昨日とは逆に、人数の少ない曲目から開始されました。

スケジュールの詰まった、客演のみなさんは、ご自分の出番が終わったらホールをあとにします。

・ウィリアム・ウォルトン「ベルシャザールの饗宴」

最初から通しました。

合唱が入っての演奏は、初めて聴きました。
スケールの大きな、難しい曲であることを改めて感じました。

アカペラの部分が多く、不協和音連続のコーラス部も、ひるみのない、美しい声で歌い上げる合唱団の素晴らしさにも、心打たれます。

歌詞が英語で、それも難しいです。

下野先生は、全身全霊で指揮なさいます。
そのあと、冷静で、最小限の指示を出して行かれる姿に、本物の現場のすごさを改めて感じます。

オーケストラと一緒でないとできないチェックは、部分的にチェック。
オーケストラのみのチェックが終わると、オーケストラは解散。

最後は合唱団のみ残って、下野先生からのチェックが入ります。

「音程・リズム・細かいところは、先生(合唱団の)と、もう一度チェックしてください。
みなさんはすばらしい。
だから、必ず良い演奏になります。
前向きに取り組んでください」と、下野先生は励まされました。

合唱団の方々が、読響の皆さんと、下野先生と共に演奏できることを、心から喜んでいる様子がうかがえます。
雰囲気も明るく、お1人お1人の真剣なまなざしの中に、引きこまれるようでした。

すばらしい機会に、また恵まれたこと・・・
今回も、心より感謝いたします。

19日の本番。
ご成功をお祈りいたします。

下野先生は、本日、上野学園大学の定期演奏会。
明日、読売日本交響楽団演奏会。
明後日、音楽大学フェスティバルオーケストラ
・・・と、3日間、演奏会が続きます。

ありがとうございました。

★武蔵野合唱団については、こちらからご覧ください。
武蔵野合唱団ホームページ

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード