京都鉄道博物館

本日もありがとうございます。

晴れ渡った先月(2016年11月)のある日、
ずっと行きたかった鉄博(鉄道博物館)を訪れてみました。

京都鉄道博物館
1

2015年(平成27年)8月30日に閉館した梅小路蒸気機関車館の収蔵物を展示し、梅小路蒸気機関車館を拡張・リニューアルを行い2016年( 平成28年4月29日)リニューアルオープンした、JR西日本による鉄博です。

これまで、埼玉県大宮市にある、JR東日本による「鉄道博物館」
愛知県名古屋市にある、JR東海による「リニア・鉄道館」
・・・と、巡ってきました。

京都は、梅小路蒸気機関車館時代に、昔、修学旅行の引率で行ったことがありました。
それが今年、どんな鉄博になったのか・・・
興味津々でした。

JR京都駅からは、徒歩でも行けるようでしたが、私はバスを利用。
およそ10分で目の前に到着です。

入り口はやや小ぶりに見え、展示されている車両も、大宮に比べると少な目に見えた。

だがしかし!!・・・とんでもございません。

蒸気機関車から新幹線まで、53両もの車両が展示されているのは、日本一なのだそうです。

0系新幹線
1

本館2階からの眺め
4

更に歩くと・・・広いっ!!

圧巻は、梅小路蒸気機関車館時代の機関車がそのまま残っている場所。

本館1階とは車両工場の展示として一体化されていて、展示車両の屋根上も見学できるようになっていて、その眺めは壮観です。
20両の蒸気機関車が、ズラッと立ち並んでいます。

5

ここは、営業線と繋がっている施設で、法令上は営業線扱いで、線路終端標識など営業線としての標識類も整備されています。

このため引込線を介して、展示車両を入れ替えることも可能で、現役で運行している車両なども臨時で展示できるようになっているのだそうです。

ほぉーっ。

そのため、蒸気機関車にも実際に乗車できます。

1

乗りたかった(時間の関係で割愛・・・)

また、JR西日本ならではの展示車両。
大阪環状線や、トワイライトエクスプレス。
九州新幹線など、関東では見られないものもたくさんあります。

大阪環状線
4

初代(明治7年)の大阪駅舎(ジオラマ)
3

二代目(明治34年)の大阪駅舎(ジオラマ)
3

トワイライト・エクスプレス
1

駅弁はここで買います(他にもあります)
2

この中で自由に食べられます
2

実際の在来線・新幹線を見ながら、屋上でもどうぞ!
5

◎大宮は、駅の改札からの「演出」がうまい。
ちょっといちいちお金がかかるけど、いろんな車両を疑似運転。
巨大なジオラマが圧巻。

◎名古屋は、リニア新幹線にシュミレーション乗車。
ドクターイエローにも乗れる。
とにかく「新幹線三昧」

・・・と、それぞれに特徴があり(私見)、やはり3ヶ所行ってよかったです。

楽しかったです。
ありがとうございました。

★館内の案内、交通アクセス、料金など委細はこちらから
京都鉄道博物館公式ページ

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード