恩返し演奏会 国立国際医療研究センター

本日もありがとうございます。

先週末にお会いした、台湾、実践大学の宋正宏先生。

今回の来日で、先生が音楽科主任をなさっている、実践大学音楽学部のみなさんの、訪問演奏が、記事になりました。

(2016年10月21日毎日新聞)
出張中の日本で急病になり、国立国際医療研究センター(東京都新宿区)で治療を受けた経験がある台湾の音楽家、宋正宏さん(49)が21日、再来日に合わせ、院内でお礼の無料演奏会を開いた。

1

宋さんは1月、都内のホテルで脇腹に激痛を感じ、国際診療部を持つ同センターを受診。
一刻を争う胆のう炎と診断され、4日間入院した。
台湾に戻ると、医師に日本の処置技術の高さを驚かれたという。

演奏会では、指導する実践大(台北市)の学生26人が、約100人を前に古典の名曲や日本の歌曲「花」を披露。
主治医から花束を贈られた宋さんは、感激の面持ちで「恩返しができました」と、語りました。


・・・・・・・・・
「あのとき、あと少し遅かったら、腹膜炎を起こして死んでいたかもと、言われました」
・・・会食の席上、宋先生はそうお話になりました。

救急車で行かれたのですか?

「いえ・・・タクシーで・・」

えーっっ!!

「新宿に泊まっていたので、日本の友人、知人が、いろいろと病院を探してくれて・・・・
あの病院が一番いいからと・・」

「台湾に戻って、カルテや画像を医師に見せたら、こんな高度な技術は見たことがないと言いました。
それで、後日、手立てをして、国際医療センターの医師に、台湾に来ていただき、セミナーを開催していただいたんですよ」

えぇーっ!!

最後に宋先生、
「・・・で、1月に命を救っていただいたから、5月の浜松バンドクリニックにも行けた。
あなたにも会えた。・・・そういうことです」
・・・と、ニコニコ。

恩返し演奏会。

ご縁や、おかげさまの心を大切にした
先生の生き方を物語る、その深い意味を感じました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード