「世界最強の女帝 メルケルの謎」 佐藤伸行著

本日もありがとうございます。

薦められるままに読み、とても面白かった本のご紹介です。

ドイツ首相。
アンゲラ・ドロテア・メルケル氏。
2

世界最強の女帝 メルケルの謎
佐藤伸行著
文芸春秋(文春文庫)

1

・・・・・・・
日本にいると、ドイツの情勢はほとんど伝わってきません。

メルケル氏は、2013年。
社会福祉労働に携わる人々の月収は、自分の月収の8分の1として、「高齢者介護の仕事は、私の仕事より、重労働なはず」として、同業種における、賃金水準の不公平さを認める発言をしました。

2011年。
福島原発事故後、それまで原発容認派であった立場を翻し、国民投票で、脱原発を決定しました。

2015年。
移民問題について、「祖国を失った人々をどうして拒否できるでしょう」と、積極的受け入れを公表しました。

また、ギリシア危機では、断固たる態度を貫き「冷血な人間」として、酷評されました。

私の頭の中では、メルケル「さん」と言いたいくらい、好きなタイプでした。

ドイツが、現在も向き合い続けている過去。
それはヒットラー率いるナチス・ドイツです。

本書は、過去と向き合う中で、ドイツは、実は極めて微妙なバランスの上に国家として成立していることが分かりやすく描かれています。

・・・・・・・・
旧・東ドイツ出身の物理学者、メルケル。
ドイツ首相に上り詰めた、メルケル。
EUの強力な牽引者として、ロシア・中国・アメリカと・イタリア・フランスと、渡り合い、存在感を増している、メルケル。

その語られることのない東ドイツ時代の物語。
私生活。
政治畑出身でないメルケルが、どのようにして世界を動かす存在になっていったのか・・・

1
(朝日新聞グローブより)

著者は、元時事通信社のジャーナリスト。
ハンブルク支局、ベルリン支局、ウィーン支局、ワシントン支局を歴任し、世界の今、を見てきた人です。

そんな著者のジャーナリストとしての見識と、取材を通じて、かなり具体的に書かれている本です。

メルケルは1954年7月17日、ハンブルクで生まれ。
生後数週間の時、両親とともに(父はプロテスタントの牧師)東ドイツに移り住みました。

以来、35年間、厳しい社会主義独裁体制の中で育ちました。
「シュタージ」という、市民間の監視システムにより、肉親、友人さえも信じることが出来ない生活。

狭いアパートに暮らし、学生生活を送り、そして最初の結婚。
しかしその結婚生活は3年で終わりを告げ、その後、世界的な物理学者と再婚しました。

「メルケル」という氏は、最初の夫の氏なのだそうです。
その氏を使い続けることは、ドイツではあまり珍しいことではないそうです。

いつも野暮ったい服装をし、ファッションなどにはまったく興味はなく、ヘアスタイルにも無頓着。
運動神経はないが、抜群に頭脳の切れる学究肌。

・・・こんな描写は、同じ女性として、興味深いところです。

「鉄の女」サッチャーとの対比も、個人的にしてしまいます。

メルケルの育った環境、性格が、東西ドイツの統合後、政界に入り、登りつめて行く過程の中で、反映されてゆく様子が描かれています。

2005年11月22日、連邦議会はメルケルをドイツ連邦共和国の第8代首相に選出しました。

メルケルは、ドイツ初の女性宰相であると同時に、当時まだ51歳という歴代最年少の首相として歴史に名を刻むことになりました。

本書の後半では、メルケルの外交が考察されています。
特に、ドイツの中国重視・日本無視政策には注意が必要だと、著者が警告を発しています。

中国の習近平、ロシアのプーチン・アメリカのオバマ・イタリアのサルコジ・フランスのオランド・・・
各国とのやりとりにまつわるエピソードも、大変興味深いものでした。

政治に疎い私ですが、読み物としても十分に楽しめました。

・・・・・・・
折しも、先月(20156年9月)以来。
ドイツ銀行最大の危機が、世間を騒がせています。

ドイツ銀行は、2005年から2007年にわたり違法に販売した不動産担保証券問題に関し、アメリカ側から、米司法省との和解で生じた140億ドル(約1兆4100億円)の罰金を課せられました。

ドイツ銀行は政府に救済を望みました。

これをメルケル首相は、キッパリとはねつけました。

今後の成り行きが注目されます。

★この本はこちらからもお求めになれます
アマゾン

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード