N響と下野竜也「エロイカ」

本日もご覧いただきありがとうございます。
今日は初めて、鎌倉芸術館に行ってきました。

1

ホールは神奈川県の大船という所にあります。
我が家からは約2時間。
ちょっとした旅でしたが、とてもシンプルで良い響きのホールでした。

NHK交響楽団
かまくらプレミアム・オーケストラ・シリーズVol.27
指揮 下野竜也
2016年9月4日(日)
鎌倉芸術館 大ホール


1

■曲目
・メンデルスゾーン/ヴァイオリン協奏曲 ホ短調 作品64
・ベートーヴェン/交響曲 第3番 変ホ長調 作品55 「英雄」


メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲は、旋律がとても美しくて、大好きです。

ベートーヴェンの作品61、ブラームスの作品77と並んで、3大ヴァイオリン協奏曲と称されるこの曲は、メンデルスゾーン38年の人生の中の、34歳の時の作品です。

第一楽章の美しい旋律。
繊細なカデンツァ。

ヴァイオリン、小林美樹さんの精鍛な演奏に、うっとりとしました。

「神童」と言うと、モーツァルトがすぐに浮かびますが、メンデルスゾーンもまた、当時は「神童」として、幼いころから演奏活動、作曲をしていました。
同時に、バッハの作品を再発見し、復興させた人としても有名です。

最後まで一気に、聴き入ってしまいました。

ベートーヴェン、交響曲 第3番「英雄」
・・・すごかったです。

下野竜也氏は、徹底したアナリーゼと、楽譜からのメッセージの再現にかけて定評があります。

素人の私がおこがましいですが、NHK交響楽団の卓越した技術と音楽性と一緒になって、隅々までハッキリとした精密画を見るような演奏でした。

ベートーヴェン34歳の時の作品です。
あの、「ハイリゲンシュタットの遺書」から2年後。

自らの哀しみ、葛藤と、恋愛、ナポレオン即位と怒り、希望・・・
いろいろな想いが詰まっているような感じがします。

「運命」(第五番)のテーマや、美しいフーガ、トルコ風のマーチなど、変化に富んだ大胆な工夫満載の、偉大な曲だと思います。

全身全霊で指揮をする下野竜也さんの指揮に、引き込まれました。

・・・・・
小旅行でしたが、行って本当に良かったです。
勝手に「勉強モード」で、鑑賞をさせていただくことができました。

アンコールは
・ベートーヴェン「歌劇・フィデリオより行進曲」でした。


アンコール前にマエストロの
「本当に短いマーチをさせていただきます。
すぐ終わりますので、すぐ帰れます」
・・・の笑顔とことばに、会場が笑い声につつまれました。

ありがとうございました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード