都響と大野和士「シェヘラザード」

本日もご覧いただきありがとうございます。

東京都知事が「また」。
「お金」で辞職しました。

都民として、砂を噛む思いです。
そんな沈んだ気持ちを抱えたまま・・・

マチネの演奏会に向かいました。

・・・が・・・・

パアッ!と。
気持ちが晴れました!!

東京都交響楽団
第811回 定期演奏会
2016年6月15日(水)
場所:東京芸術劇場コンサートホール

1

■指揮者、大野和士氏
現在、フランス国立リヨン歌劇場首席指揮者、
アルトゥーロ・トスカニーニ・フィル首席客演指揮者。
2015年4月に都響音楽監督、
同年9月からバルセロナ交響楽団音楽監督に就任。

指揮/大野和士
ピアノ/小山実稚恵

■曲目
★モーツァルト:歌劇『後宮からの誘拐』序曲 K.384
★サン=サーンス:ピアノ協奏曲第5番 ヘ長調 op.103 《エジプト風》
★リムスキー=コルサコフ:交響組曲《シェヘラザード》 op.35


モーツァルトのキラキラとして、くったくのない音楽。

サンサーンスの色彩感あふれる、美しい音楽。
小山実稚恵さんの、力強く明快なタッチに魅了されました。

そして、《シェヘラザード》です。

素晴らしかったです。

管楽器セクション・打楽器セクション、そして定評ある弦楽セクション・・・
全部が調和してひとつになっていました。

ソロ・コンサートマスターの矢部達也さんの奏でる、カデンツァの美しいこと。
時に艶やかに、時にすすり泣くように・・・

大野和士さんの指揮に、オーケストラがひとつになり、迫力のある壮大なファンタジーの世界に、連れて行っていただきました。

東京芸術劇場で、あんなに荘厳で、輝かしい響きがするなんて・・・
感激でした。

拍手鳴りやまず。
(フライングブラボーは、少し残念でしたが)

マエストロは何度も何度もアンコールに応えていました。

現実の世界には、いろんなことがあります。

それでも、音楽に助けられて・・・・
今まで通り、自分らしく
日々、コツコツ暮らそう。

そんな気持ちで、ホールを後にすることが出来ました。

本当に素晴らしい演奏会でした。
ありがとうございました。

いつも応援をありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
下のマークを、ポチッと押して、ご協力いただけたら嬉しいです。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード