プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

私は長い間、東京の公立中学校で音楽科教師をしていました。
また、長い間、部活動と市民バンドで、指揮者をさせていただいていました。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
ささやなか経験と、大いなる感謝の心をもって、頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


自動翻訳


本日もご覧いただきありがとうございます。

日本のプロオーケストラは、いつからできたのか。

NHK交響楽団の前身が最初、ということは知っていましたが、その本当の「始まり」には、大きな物語がありました。

さらに、近衛秀麿(このえひでまろ)という音楽家の名前。
聞いたことはありますが、どんな人かは恥ずかしながら、知りませんでした。

近衞 秀麿(1898年11月18日 - 1973年6月2日)
日本の指揮者・作曲家。
元子爵。元貴族院議員。
兄は、近衞文麿(元内閣総理大臣)
実弟は、近衞直麿(雅楽研究者)


近衛秀麿―日本のオーケストラをつくった男
大野 芳 著  講談社

1

本書は、新資料を駆使し、近衛秀麿についての初の本格的な評伝です。

近衛家の家柄、歴史から始まります。
その中で、秀麿がどう育ったのか。
音楽となぜ、出会ったのか。

明治、大正、昭和と、日本の近代化、戦争の歴史の中で、西洋のクラシック音楽が、どのような形で日本に入り、どんな人々がその中で関係を結び、戦後の近代オーケストラの発展に寄与してきたのか・・・

客観的な資料をもとに、書かれている貴重な本だと思いました。

本書には、実名で、音楽の世界では知らない人はいない、著名人たちがたくさん登場します。

山田 耕筰、成田 為三と言った、教科書に出てくる人々。

「指揮法教程」で有名な、斎藤秀雄。

フルトヴェングラー、ベルリンフィルといった、ドイツの指揮者とオーケストラ。

朝比奈隆・山本直純・小澤征爾といった、大指揮者。

有馬大五郎(国立音楽大学創立者)と、NHK交響楽団。

それぞれの「伝記」には、語られることのない、様々な事情や、逸話が盛りだくさんです。

戦争中、ドイツ国内にいたユダヤ系の音楽家を、ナチスの迫害から助けるため、演奏会を理由に日本に招待させ、そのまま亡命させた事実。

戦後、A級戦犯で裁かれることが決定していた、兄、内閣総理大臣:近衛文麿が、直前に服毒自殺した様子。

読み進めるうちに、驚きや発見、「知らなかった」「語られなかった」、エピソード満載。
まるで小説を読むように、わくわくする内容でした。

一方、生々しい「相関図」を見るようでもあります。

ヨーロッパのクラシック界では、「ベルリンフィルを指揮した日本人」としてより、近衛秀麿の名前は、「カラヤンよりも、音楽的な音楽家」として、知られていることも、初めて知りました。

(1981年「、ドイツグラモフォン」の評価より)
「復刻を望むのは近衛秀麿とベルリン・フィルの戦前の演奏であって、カラヤンたちのはそれに次ぐ」。

圧倒的な財力と名声に支えされた、近衛秀麿という人物の、謎、誤解、虚像、実像・・・

その中で、ただ財力と名声だけでは成しえなかった、壮絶な苦労と、信念と、挫折の末に、戦前・戦後の日本のクラシック音楽界に、実は絶大な貢献を果たした人物であったことが分かります。

1

■著者あとがきより
「近衛秀麿はなぜここまで忘れ去られてしまったのだろうか。
わたしは、だれが、どのような状況がそうさせたのかを考えつづけた」

「指揮者、近衛秀麿」が、その死後、いかにして「抹殺」されていったか・・・

これ以上書くことは、現存し、活躍中の大御所を批判することにもなりかねない。
・・・そんな想像もできるほどの、実に興味深い本でした。

読みごたえあります。

★お買い求めはこちらからも出来ます。
アマゾン

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村                                                                                                                     

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://ogatamayumi.blog46.fc2.com/tb.php/3276-49ee28eb

 | ホーム |