広島訪問「目で見る・感じる」

本日もありがとうございます。

昨日より、三重県にて、主要7か国(カナダ・フランス・アメリカ・ドイツ・イタリア・英国・日本)と、EU連合による、G7伊勢志摩サミットが行われています。

各国の首脳が集まり、国際的な経済、政治課題について討議する訳ですが・・・

今回は、アメリカ、オバマ大統領の「ヒロシマ訪問」が、大きく報道され続けています。

オバマ米大統領は今日、(2016年5月27日)に、現職大統領として初めて広島を訪問します。
1

ここには、様々な政治的思惑があることを、メディアは伝えています。

(2016年5月24日産経ニュース)
映画監督オリバー・ストーン氏ら、米国のリベラルな有識者約70人は、2016年5月23日、広島を27日に訪問するオバマ米大統領に書簡を送り、原爆投下への謝罪を拒否する方針を再考し、被爆者と面会するよう求めた。

広島訪問をめぐってアメリカ国内では、原爆投下を正当化する退役軍人の団体などが、訪問自体や謝罪に反対していた。

(NHKインタビューより)
--米大統領として原爆投下について謝罪すべきか

・オバマ大統領
 「そうは思わない。オバマ政権が1945年の(原爆投下に関する)政策決定に立ち戻らない、と決めたことは賢明だ。米国人のほとんどは、原爆投下が戦争終結を早めて米国人の命を救ったと信じ、日本人は原爆を使うべきではなかったと信じる。正しかったか、間違っていたかの答えは出ない」

(2016年5月22日共同通信)
オバマ米大統領が被爆地・広島を訪問する際、第二次世界大戦中の元米兵捕虜も立ち会うことが、2016年5月22日、分かった。
大統領の広島訪問の式典に、元捕虜の一人を代表として参加させてほしいと、ホワイトハウスから要請であった。

広島訪問が、原爆投下の被害だけでなく、第二次大戦の全ての被害に目を向けたものであることを、示す狙いがあるとみられる。

・・・・5月26日、中止と発表されまし。



(2016年5月24日朝日新聞「天声人語」より)

元広島市長の平岡敬(たかし)さんは、新聞記者時代、被爆者たちの体験を記事にするたびに「あんたはわかっていない」と言われたという。

阿鼻叫喚(あびきょうかん)の地獄図。
原爆症の苦しみ。
実態を表現することが、いかに困難かを、著書で述べている

「もういっぺん原爆が落ちりゃあ、ようわかるんよ」と言われたことも、そんな平岡さんにとって「核兵器の使用は国際法に違反する」と主張するのは当然だった。

たしかに米国は原爆の「加害」を直視してこなかった。
しかし向き合わせる努力を、日本はどこまで真剣にしてきただろう。

米軍の加害を問うなら、旧日本軍の加害から目を背けるわけにはいかない。

作家の赤坂真理さんが、日本の戦後を問う小説『東京プリズン』で、主人公に語らせている。

「自分たちの過ちを認めつつ、他人の罪を問うのは、エネルギーの要ることです」。

それでもしなければいけないことだと・・・・



以下は私見です。

・・・・昨日、G7の主脳は、そろって、伊勢神宮を参拝しました。
「ヒロシマ」にも、全員で来てほしかった。

見ることは、感じること。
それが、痛みを思いやることへとつながる。

そこに、国境はない

過ちに向き合う勇気

そこにも、国境はない

・・・そんな気持ちです。
・・・・・・・・
いつも応援をありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
お手数ですが、下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力をいただけたら大変うれしいです


にほんブログ村
ありがとうございます

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード