震災支援アマゾン「ほしい物リスト」

本日もありがとうございます。

熊本県、熊本地方震災から20日。

全国からの支援物資は多く集まっているのに、必要なところに物資が届かない。
地震発生以来、報じられていることです。

被災地では、避難所、車中、自宅での避難生活を送られていらっしゃる方々は、8万人以上。

ピンポイントで、必要な物資を必要な場所へ・・・・と、祈る気持ちです。

ネット通販大手「アマゾンジャパン」が行っているサービス
「ほしい物リスト」


アマゾンを使っている方は、ご存じのとおり、通常、ほしい物リストは、自分のために、チェックして保存しておくものです。
これを、他者のために活用しているのが、ここです。

■「ほしい物リスト」の仕組み
1、避難所の運営者が、欲しい商品とその数を、ネット上に掲載する。
2、それをアマゾンサイトで見た支援者が、その商品をアマゾンを通じて購入する。
3、すると、避難所に商品が届く。

必要な物資を、必要な量だけ調達できる利点があり、東日本大震災では、仙台市などが活用し、7000カ所以上の避難所や個人宅などに10万個以上の物資が届けられたそうです。
総額は3億円相当。

現在では、南海トラフ巨大地震の被害が予想される、徳島県が運用に向けた訓練を重ねるなど、活用の動きが広がっているそうです。

この「ほしい物リスト」。
今回の熊本地震での利用は、非常に少ないそうです。
(毎日新聞2016年4月22日付け)

実際に見てみました。
避難所からの支援要請がゼロ。
こういう場所が多いです。

熊本市の避難所名義で掲載されたリストには、わずかに、老眼鏡▽トイレットペーパー▽簡易トイレ▽オムツなどが公開されたにすぎません。

避難所の運営者が、リストの存在そのものを知らないことが、主な理由として考えられています。

避難所を運営する男性は「行政の力が行き届かないところを埋めてくれるサービスは非常にありがたいが、善意で支援してくれる人に間違った情報が伝われば、元も子もない。悪用されていなければいいが……」と語ります。

東日本大震災の際に、リストを活用した仙台市の担当者は「被災者のニーズが分からなければ、リストに適切な情報を載せられない。避難所の運営者と被災者が連携を深めることが重要」と話しています。

・・・・・・・
このほしいものリストには、賛否両論があるようです。

高額な物品、高級品などをリストに載せ、災害を利用して品物を得る人がいるというものです。

いわゆる善意を利用した悪用です。
こういうことは、アマゾンのシステムに限らす、いつでも、どこででも、どんな支援組織でも起こり得ることです。

ある学校は、PTAが、 「ほしい物リスト」を活用しました。
載せた物品が、高額だったために、「支援に関係ないもの」として、非難されました。

「震災後、教育活動がすみやかに開始されることを願って、高額にはなってしまいますが、テレビやビデオ、事務用品など教育活動に必要なものを載せました。ほしいものリストは、載せても、それを購入してくださる方がいて初めて成り立ちます。みなさまのご厚意に感謝が尽きません」と、担当者は語っています。

(2016年5月2日付けNHK)
一連の地震の影響で、熊本県内の公立学校では2日、全体の30%に当たる187校が休校。
熊本県教育委員会は、全面的に学校が再開するのは、今月(2016年5月)10日以降になる見通しだとしています。

熊本県教育委員会などによりますと、一連の地震で熊本県内では多くの学校が休校を余儀なくされ、公立の小中学校では一時、全体の70%近い351校が休校になりました。

その後、学校の再開は次第に進んでいますが、被災した校舎の安全が確認されていないなどの理由で、2日も、熊本市や益城町、南阿蘇村などの小中学校合わせて155校が休校となります。

高校の21校と特別支援学校の11校も休校となり、合わせると、公立学校全体の30%に当たる187校が休校となります。


・・・・・このような状況の中で、現場で破損した備品再購入が、「予算」として認められるのは・・・

とほうもない先のことです。

熊本の避難所向けに大いに活用されることは、一番に大事なことだと思います。
命にかかわる、最優先のことです。

同時に、学校教育の現場にも、活用されるという選択肢もあって良いのではないかと・・・
私見ですが、思います。

結局は、そのリストから、何を購入して、支援するのか・・・
賛否は・・・
ユーザーが決めることではないかと、思うのです。

★アマゾンジャパンサイトに掲載されている避難所リストです。
(熊本県熊本地方地震)各被災地のほしい物リスト

★さらに細かい情報を掲載している方の一例です。個人サイトなので、あくまで参考まで(信頼性の保証は出来かねます)
上田涼子さんフェイスブック

・・・・・・
実は、このシステムのこと。
私は知りませんでした。

先月、知人から「あのね、うわさなんだけれどね」と言う形で、耳にしました。

実際に検索してみるまで・・・
本当に「うわさ」だと思っていました。

毎日毎日、激務と心労の中、疲労困憊の被災地の方々には、伝わりにくい。
今はただ・・・システムを使える方で、周囲の方々の為に助け合ってほしいと、願うのみです。

・・・・・・・・
お手数ですが、下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力をいただけたら大変うれしいです

にほんブログ村
ありがとうございます。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード