ボストン美術館「俺たちの国芳 わたしの国貞」

ボストン美術館

1876年に、アメリカ独立百周年を記念して開館した美術館。
日本との関係も深い美術館で、日本美術のコレクションは、日本国外にあるものとしては質・量ともに、世界一の収蔵品を誇っているそうです。

ボストン美術館全体の浮世絵版画点数は約54000点。
その美術館から、素晴らしい浮世絵がやってきました。


ボストン美術館所蔵
俺たちの国芳 わたしの国貞
2016/3/19(土)-6/5(日)
会場 Bunkamura ザ・ミュージアム(東京・渋谷)
主催 Bunkamura、ボストン美術館、日本テレビ放送網、読売新聞社、BS日テレ

1

この展覧会では、その中でも、最も収蔵量の多い、絵師、歌川国芳、国貞の浮世絵が、公開されています。
ボストン美術館開館以来初の、大規模な国芳・国貞展なのだそうです。

2人は、初代歌川豊国を師とした、兄・弟・弟子。
しかし、その作風は全く異なり、二人とも、幕末の大人気浮世絵師として、人気を博したそうです。

東海道五十三次で有名な、歌川広重。赤富士で有名な、葛飾北斎らと、時代の重なる浮世絵師です。

■特徴
★歌川国貞
・・・伝統的な役者絵や美人画を得意とした。

★歌川国芳
・・・勇猛な武者絵や趣向を凝らした戯画を得意とした。

・・と、解説には書いてありました。

先ず・・・ものすごい数の展示に驚きました。

解説も分かりやすく、展示も見やすい。
二人の対比を、テーマ別に、歌舞伎の舞台のように趣向が凝らされていて、興味深い。

私は歌舞伎役者、中村七之助さんの案内による、音声ガイドを聞きながら、進みました。
語り口、見どころが面白く、じーっと、鑑賞できました。

江戸っ子たちの、大騒ぎの声。
女子たちの歓喜が聞こえてくるようでした。

歌川国芳の作品・1844年
1

何より驚いたのは、鮮やかな色彩です。
版画なのに、細い筆で描いたように繊細。

現代でも十分に、斬新なデザイン。
後世の画家や、デザイナーたちが触発されたことも納得です。

おもしろくて、美しい・・・

18世紀後半から19世紀中期。
ヨーロッパでは、モーツァルト、ベートーベンが活躍した時代と重なります。

地球のうらの「日本」では、こんな素敵な文化が花咲いていたんだ。
わくわくしました。

美しい歌舞伎役者たちを見ながら・・・
急に、歌舞伎が見たくなったりもしました。

館内の様子
2

平日夕方でしたが、広い年齢層の方々
美術系らしい若者たちで、混雑していました
1

美しいもの
奇想天外なデザインや発想を見ること
・・・・心が、解放されます。

行ってよかったです。
ありがとうございました。

★展覧会の委細と、アクセスについては、下記よりご覧ください
文化村ザ・ミュージアム公式サイト
渋谷文化村へのアクセス

・・・・・・・・
☆下記のブログランキングに参加中です。
お手数ですが、下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力をいただけたら大変うれしいです。

にほんブログ村
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード