ファシリテーションにおける即興性と音楽表現

本日もご覧いただきありがとうございます。

2月26~27(土日)は、素晴らしいワークショップに、受講生として参加させていただきました。

ファシリテーションにおける即興性を問う
YES; ANDで始める「即興」(インプロ)入門
講師 絹川友梨(女優・(株)インプロ・ワークス代表)


平成27年度文化庁
大学を利用した文化芸術推進事業
会場 上野学園大学


1

そもそも、「ファシリテーション」とは?
・・・・そこから、私は分かりませんでした。

即興演劇の手法が、音楽とどう結びつくのかも見当がつきません。

それでも、なんだか おもしろそう。

今年、自分が大切にしたい言葉は「好奇心」。
・・・なのであるのは、好奇心だけ。

会場です
1

2日間あるから、初日で「勘違い受講」だったら、そこでやめちゃおうっと・・・実にあいまいな動機でした。

ところがっ! !
・・・・それこそが「勘違い」でした。

すばらしい学びの場。
ワクワク連続のワークショップ。
自分の仕事に活かせる「ワーク」満載。

感動の講座でした。

・・・・・・・・
集まった受講生は、17名。

大学の先生、大学院生、学部学生、社員研修、企業研修担当者、複合文化施設職員、美術館職員、劇場職員、音楽専門学校教員、俳優、障がい者福祉作業所職員、中学校教員・・・・
様々な職種の方々です。年齢層も幅広いです。

熊本、福岡、群馬・・・遠方よりご参加の方もいらっしゃいました。

私たち受講生は、「呼んでもらいたい名前」を書いて、胸に付けます。
(私はそのまんま「おがた」でしたが、「クマさん」「さっちゃん」など)

講師の絹川友梨先生は、国内における、フロンティア的存在の第一人者です。
国内の大学を卒業後、アメリカ留学で、即興演劇(インプロ)、ファシリテーションを学び、女優としてもご活躍。
国内外でワークショップを展開しながら、国内の大学で教鞭をとりつつ、東大の博士課程で勉強中・・・という、活動的な先生です。

絹川友梨先生と・・・
3

・・・・・・・
■ファシリテーションとは
「会議やプロジェクトなどの集団活動がスムーズに進むように、また成果が上がるように支援することをいう」

ここでは、さまざまな「現場」において、リーダー的な役割を果たす人。
講師、企画者なとが、参加者、受講者から、「モチベーション高く」「前向きに」、活動や意見、アイデアを引き出す。

それを実行する人が「ファシリテーター」。

今回は、「即興演劇」を習得する「過程」でのさまざまな「エクササイズ」「ゲーム」を通して、
■リーダーとは何か
■参加者に対して、私たちはどう働きかけることが適切か
・・・を学びました。

「今の気持ち」「この講座に期待すること」など、自分の気持ちをポストイットに自由に書いて、貼りだします
2

ゲーム・ワークの名称と、目的、やったことを、先生がまとめて書き出してくださいます。
2

■2日間の内容

・ミーティング~ゲーム~ゲーム~ゲーム・・・
・振り返り~講義~ゲーム~ゲーム~ゲーム・・・
・グループミーティング~発表~質疑応答
・ゲーム~ゲーム~ゲーム・・・・

★2日間で22種類の「エクササイズ・ゲーム」を体験。
★~スタンフォード大学における、デザイン思考から~
1、コミュニケーションスキルの定義
2、コーチング理論
★~TEDプレゼンテーションから~
・リーダーシップについて
★良いファシリテーターの条件


動いて、笑って、ワクワクして、真剣に討議して・・・・
ご参加の方々は、すばらしいパフォーマーでした。
昼食時には、それぞれのお立場での仕事や、悩みを交換し、共感し合いました。

私は、次から次への展開に、ノートをとれないので、メモ帳を首から下げてポイントだけメモし、帰りの電車の中で、ノートに整理しました。

2日間で、13時間。

濃密であっという間の時間でした。

1日目の中盤あたりから、誰も何も言わなくても「へぇー」とか「うんうん。」「そうそう」「あ゛ー」など、共感(レスポンス)がどんどん出て、場の空気がとても温かく変容していることに気づきました。

最後まで、互いに高いモチベーションを保ちました。
なぜなら、「やらされている」のではなく「やっている」からです。

これをそれぞれの「現場」に持ち帰り、どう活かすか。
最後は、各自が紙に書き、発表して終わりました。

音楽表現の場で
学校教育の場で

とり入れられる要素がたくさんある領域であると、実感しました。

もちろん。
私も、これからの仕事の場で、最大限に活かしたいと思います。

今の自分の仕事には、「音楽」という核になる学びと、「伝える」「共有する」ための手段となる学び。
どちらも向上させなければなりません。
これからも、機会あるごとに勉強を続けたいです。

「さようなら」「お元気で」・・・
名残惜しい気持ちを残しながら、お別れしました。

みなさん、それぞれの「現場」へと・・・

絹川友梨先生の、全身全霊のエネルギーと、笑顔。
「全部を持って帰ってね」という想いが、ひしひしと伝わってきて、胸が熱くなりました。

みなさま、どうぞご活躍を・・・
スタッフのみなさま、ありがとうございました。

さようなら。
絹川先生、本当にありがとうございました。

1

★絹川先生の著書「インプロゲーム」。ご購入はこちらからもできます
楽天

★絹川先生の会社のご紹介です
インプロワークス公式ページ

・・・・・・・・
☆下記のブログランキングに参加中です。
お手数ですが、下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力をいただけたら大変うれしいです。

にほんブログ村
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード