「逆説の福井の狩人」福井県立恐竜博物館

本日もご覧いただきありがとうございます。

恐竜。

実は、福井県がすごいのです。

何がすごいのか。

福井で新種恐竜=全身に羽毛、小型獣脚類
学名 、「フクイベナートル・パラドクサス(逆説の福井の狩人)」


(共同通信2016年2月26日)
福井県立恐竜博物館は26日、同県勝山市で2007年に化石で見つかった小型獣脚類の恐竜が、新種と判明し、「フクイベナートル・パラドクサス(逆説の福井の狩人)」と学名を付けたと発表した。

国内で見つかって学名が付いた恐竜は7種目、福井県では5種目、獣脚類では2種目。


フクイベナートル・パラドクサス(模型)
1

「フクイベナートル」は推定で全長約250センチ、体重約25キロ。

発掘では、頭骨や肩甲骨、大腿(だいたい)骨など同一個体の化石約160点が見つかった。

全身の7割以上が残り、保存状態は極めて良いという。

論文は英科学誌サイエンティフィック・リポーツに掲載された。


・・・・・
学名がかっこいい。
「逆説の福井の狩人」

なぜ「逆説」なのか。

「原始的、進化的な双方の特徴を併せ持つから」と。
・・・・むずかしくて、分からない。

研究によると、この恐竜は全身に羽毛があり、「鳥に進化しそこなった」そうです。
・・・・なんとなく、分かるような。

うむむむむ。
見てみたいです。

どこで見られるのか。
・・・・まだ見られません。

でも、将来展示されるのは ここです。

福井県立恐竜博物館(国内最大級)
1
■2000年開館。
「恐竜」を中心とした、国内最大級の地質・古生物学博物館
入館者数、年間70万人
福井県立恐竜博物館公式ページ

ちなみに私は、ここへ3回行きました。
何度行っても、心躍ります。

北陸新幹線も開通してます。

是非♪

■これまでの日本の恐竜
★福井県(勝山市)
・フクイラプトル・キタダニエンシス(2000年)
・フクイサウルス・テトリエンシス(2003年)
・フクイティタン・ニッポネンシス(2010年)
・コシサウルス・カツヤマ(2015年)
★石川県(白山市)
・アルバロフォサウルス・ヤマグチオロウム(2009年)
★兵庫県(丹波市)
・タンバティタニス・アミキティアエ(2014年)

・・・・・・・・
☆下記のブログランキングに参加中です。
お手数ですが、下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力をいただけたら大変うれしいです。

にほんブログ村
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード