特別支援学級「鑑賞授業」

寒い毎日が続いています。
本日もありがとうございます。

音楽授業を担当させていただいている、都内公立小学校、特別支援学級。

先週は、今年度2度目の鑑賞授業に取り組みました。

テーマは「ベートーベン」

今月の全校音楽集会の曲は「よろこびの歌」です。
学級でも「はれたる あおぞら・・・」と歌っています。

この曲は、ベートーベン交響曲第9番の4楽章にあります。

そこで、「この曲は、どういうふうに演奏されるのでしょう」と、取り組みました。

学級には、物知りな児童がいます。
(仮面ライダーゴーストというテレビ番組を見ている児童は、ベートーベンも変身するので、人気があります)
1

こちらが本物
1

鑑賞授業の日、「おはよう。きょうは、ベートーベンをきくよ」と言うと、「やったー」と、抱きついてきてくれました。

まずは、みんなで「喜びの歌」を歌います。
歌詞は難しいです。
次にメロディーだけを「ラララ」で覚えます。

そして、第九の4楽章の合唱が入ってくる部分から、鑑賞開始。

教材は、東フィルとチョン・ミョンフンによる「こども・夢・音楽館」というDVDを使いました。
ベートーベンの1番から9番までの交響曲を、分かりやすく「物語り」にして紹介した演奏会のDVDです。

すると・・・・
「ベートーベンはどこ?」
「ベートーベンがいない」と、あちこちから声が・・・

ベートーベンさんに会えると思っていたことが分かりました。
・・・それも、「変身したベートーベン」なのかな、と。

説明した「つもり・・・」になっていたことを反省。

そこで、「ベートーベンさんが出てくるのではなく、ベートーベンさんが作った曲を聴きます」と、説明。
第九が作られた当時の、ベートーベンの生活や状況などを、物語風にお話ししてから、もう一度聴きました。

今度は、集中して聴くことができました。
さらには、歌の主題になると、一緒に口ずさんだり、指揮をしたり・・・

次に、第五番「運命」1楽章を続けて鑑賞。

ここでは、物語り風のお話しのあと、「ん・ダダダダーン」のリズムを、みんなで「ノック」しました。
「これがいっぱい出てくるからね」と開始。

演奏は、パーヴォ・ヤルビ、ドイツ・カンマーフィルのDVDを使いました。

グーを握って、「ん・ダダダダーン」と・・・

次に、同じ演奏を、チョン・ミョンフンと東フィルの演奏DVDで聴きました。

すると・・・
「さっきのほうが、はやーい」と。

演奏によって、テンポが全く違うことを感じ取っての発言でした。
なんて、素晴らしいのでしょう。

給食の準備をしながら、「ん・ダダダダーン」と。
「らららら・らららら・らららら・らーんららー」と。
それぞれ口ずさんでいる姿が、あちこちでありました。


子どもたちの興味関心と、少しでも結び付けて、授業を工夫してゆきたいと思います。
ありがとうございました。

☆ブログランキングに参加中です。
もし、下記をポチッとクリックのご協力をいただけたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード