朝日みらい教育賞「Minamiこども教室」

「学校」と言う名の場所は、様々です。

様々な国の人々が、この国で一緒に暮らすようになって久しくなります。
近年、「ことば」の問題が、都市部を中心に、学校教育の場でも真剣に考えなければならないこととして注目されています。

(2016年1月3日朝日新聞デジタル)
未来志向の先進的な教育活動を応援する「第2回朝日みらい教育賞」に4件が決まりました。

210件の応募の中から東大名誉教授の姜尚中さん、ディー・エヌ・エー取締役会長の南場智子さん、東大大学院教授の本田由紀さん、教育ベンチャーIGS社長の福原正大さんと朝日新聞社役員による計6人の選考委員が選びました。

【グローバル賞】
Minamiこども教室(大阪府)
金沢工業高等専門学校・金沢工業大学(石川県)

【デジタル賞】
 隠岐國学習センター(島根県)

【新聞活用賞】
京都文教大学・城陽市市民活動支援センター(京都府)

主催・朝日新聞社、後援・朝日学生新聞社

・・・・・・・・

【グローバル賞】に選ばれた「Minamiこども教室」
・・・ここは、まさに、今直面している問題に向き合う「学びの場」です。

大阪の繁華街・ミナミにある大阪市立南小学校は、児童の約4割、80人がフィリピンや中国など外国にルーツをもちます。

このうち3年生以上の児童や卒業生ら、約30人が毎週1回、足を運ぶのがMinamiこども教室です。

校区内の公共施設で午後6時から2時間、学校の宿題を見てもらうほか、日本語の基礎も学んでいます。


1


指導に当たるのは、元教員や大学生、市民ボランティアら実行委員会のメンバー。
マンツーマンで指導にあたっています。

ここでは、日本語の勉強だけでなく、学校での出来事を聞いたり、相談相手になったりしています。

親の多くがまだ働いている夜の時間帯。

子どもたちは「寂しい思いをしないで済み、楽しい居場所になっている」といい、帰りは自宅まで送り届けてもらいます。。

立ち上げのきっかけは、2012年に入学直後の男児が、無理心中事件で亡くなった事件。
学校現場の指導だけではケアできない、と学校、地域、外国人支援団体がスクラムを組みました。

 「教室で学ぶ子どもたちは将来、国際交流の懸け橋になり得る人材。その道筋をつけてあげたい」と山崎一人(かずと)校長(60)は語ります。

金光敏(キムクァンミン)実行委員長(44)は「今後さらに外国人労働者は増える。
ネットワークを広げていきたい」と話しました。

・・・・・・・・

他人事ではない、現実です。

自分がもし、その立場だったら・・・・
これも、想像力が問われるのではないかと思います。

「おたがいさま」の気持ちの温かさを感じます。

こういった取り組みが、全国に広がることを願うものです。

★Minamiこども教室の詳しい活動は、こちらをご覧ください
関西国際交流団体協議会

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード