ウィーンフィルのニューイヤーコンサート2016

毎年、元旦恒例の音楽番組のご紹介です。

オーストリー・ウィーン楽友協会の大ホール(黄金のホール)で行なわれる、ウィーンフィルハーモニー管弦楽団による、昼間のコンサートの、衛星生放送です。
1939年から続く、長い歴史があります。

ウィーンフィルのニューイヤーコンサート
指揮 マリス・ヤンスンス


1

1

この演奏会では、ヨハン・シュトラウス2世を中心とする、シュトラウス家の楽曲が主に演奏されます。
映像はライブで世界各国に中継され、世界中の人々がこのコンサートを楽しみにしています。

この舞台で指揮できる指揮者は、ウィーンフィルの楽員が選ぶそうです。
(ウィーンフィルは、楽員たちで運営をしています)

日本人では、唯一、2002年 小澤征爾さんが、この舞台に指揮者として登場しました。

演奏、曲目も楽しみですが・・・・
現地時間の進行に合わせて、NHKが独自に編集するトーク
全世界放送用に、現地が編集した、美しい映像、バレエも見どころです。

■予定曲目
1.国連行進曲(シュトルツ)※
2.宝のワルツ作品418(ヨハン・シュトラウス2世)
3.フランス風ポルカ「ヴィオレッタ」作品404(ヨハン・シュトラウス2世)※
4.ポルカ「観光列車」作品281(ヨハン・シュトラウス2世)
5.ワルツ「ウィーン娘」作品388(ツィーラー)※
6.ポルカ「速達郵便で」作品259(エドゥアルト・シュトラウス)
7.歌劇「ヴェネツィアの一夜」序曲[ウィーン版](ヨハン・シュトラウス2世)
8.ポルカ「羽目をはずして」作品168(エドゥアルト・シュトラウス)※ 
9.ワルツ「天体の音楽」作品235(ヨーゼフ・シュトラウス)
10.フランス風ポルカ「歌い手の喜び」作品328(ヨハン・シュトラウス2世)※
11.ポルカ「休暇旅行で」作品133(ヨハン・シュトラウス2世)
12.喜歌劇「ニネッタ侯爵夫人」第3幕への間奏曲(ヨハン・シュトラウス2世)※
13.ワルツ「スペイン」作品236(ワルトトイフェル)※  
14.ワルツ「舞踏会の情景」(ヘルメスベルガー1世)※
15.「ため息ギャロップ」作品9(ヨハン・シュトラウス1世)
16.ポルカ・マズルカ「とんぼ」作品204(ヨーゼフ・シュトラウス)
17.皇帝円舞曲作品437(ヨハン・シュトラウス2世)
18.ポルカ「狩り」作品373(ヨハン・シュトラウス2世)
<アンコール>
19.ポルカ「突撃」作品348(ヨハン・シュトラウス2世)
20.ワルツ「美しく青きドナウ」作品314(ヨハン・シュトラウス2世)
21.ラデツキー行進曲作品228(ヨハン・シュトラウス1世) 

※この8曲はニューイヤー・コンサート初登場となる作品です。

毎年の「お決まり」は、最後です。

「ワルツ“美しく青きドナウ”」
ヨハン・シュトラウス:作曲

「ラデツキー行進曲」
ヨハン・シュトラウス 父:作曲

・・・ここは「マスト」です。
どんなふうに、演奏されるかは毎年のお楽しみです。

楽しみに聴きたいと思います。

是非、覗いてみてください。

■放送予定
★本日(1月1日) Eテレ 午後7時~午後10時
再放送
★1月11日(月) BS2 午前0時40分~午前3時40分


・・・・・・・・・・・・・
★ウィーンフィルの活動、演奏会、ニューイヤーに関する委細はこちらをご覧ください。
ウィーンフィル・公式サイト

★2017年は、ウィーンで聴きたい!・・・と言う方はこちらをご覧ください
ウィーンフィル公式サイト・チケット申し込みについて

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード