小平第二中学校吹奏楽部同窓会

東京都小平市立小平第二中学校。

私の初任校です。

初任から2年目、この学校に吹奏楽部を立ち上げました。
右も左も分からない、かけ出しの頃です。

この学校には、4年間しかいませんでした。
吹奏楽部は、たったの3年間。

当時、私は特別支援学級担任だったので、授業も担任も全て彼らとは別でした。

あれから・・・
30年の時が流れていました・・・
30年です。
驚きの時の流れです。

そのときの部員たちが、今日、集いました。
30年ぶりの同窓会です。

会場は、卒業生の1人が経営しているレストランです。
1

音楽で繋がり、ネットで私を見つけてくれた卒業生たちが、企画してくれました。

3

はじめは、誰だか分からない人もいました(失礼)
なのに、あっという間に時間は30年前に戻ります。
面影から、しだいに、あのころの「子どもたち」へと・・・

当時の写真をタブレットから見ていると・・・
どんどんと仲間を見つけてゆきます。
1

「たったの3年間」の中に、どれほどの想いがあったのか・・・
ギュッと、握りしめたような濃密な3年間。

みんなの話を聞きながら・・・
笑ったり、謝ったり、じーんとしたり・・・

2
          2

合宿。
宿泊禁止だったから・・・
「泊まらない合宿」にした。

朝の9時から、夜の9時まで。
家庭科室で保護者の方々が夕食を作ってくださった。

美味しくて、お腹いっぱい食べすぎて、夜の練習にならなかったこと。

夏休み。
宿題も、プールも、全部「部活中」にした。
まるごと全部が、部活だったこと。

リトミックや、筋トレに、マラソン。
「陸上部に負けたら、ただぢゃおかない」とおどしたこと。

失われていた記憶が鮮やかに蘇ります。

ブリヂストン東京工場吹奏楽団のみなさんとのジョイントコンサート
(1984年)

2

その頃の顧問(20代でした)
1

第一回定期演奏会(1985年)
3

この30年・・・
みんなにそれぞれの「時」があり、「人生」があり・・・
その「道」は今も続いています。

中学時代の1年間、2年間のことを
大切に覚えていてくれた卒業生たちに・・・・

あの頃、自分が未熟で言えなかったことばがあります。
懐かしい卒業生に再会するたびに、思う言葉です。

生きていてくれて ありがとう。
出逢ってくれて ありがとう。

感謝。
ただただ・・・感謝しかありません。

3

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード