N響とプロムシュテット「ベートーベン1番・3番」

本日もありがとうございます。

クラシック音楽館
NHKEテレ 毎週日曜日午後9時~


NHK交響楽団の昨シーズン、「最も心に残ったN響コンサート」で、2年連続第1位に選ばれた、名誉指揮者ヘルベルト・ブロムシュテット。
1
1927年アメリカ生まれ。
スウェーデン人。
今年88歳。

ヘルベルト・ブロムシュテット氏と、NHK交響楽団による、「ベートーベン・シリーズ」が始まりました。
その第1弾を、留守録して見ました。

2015年10月4日放送

1.交響曲 第1番 ハ長調 作品21 (ベートーベン)
2.交響曲 第3番 変ホ長調 作品55「英雄」(ベートーベン)

管弦楽:NHK交響楽団
指 揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
(2015年9月16日 サントリーホール)


コンサートは、テレビの場合、インタビューや解説があり、楽しみの一つです。

■交響曲第1番の前のインタビュー

ここでは、30歳のベートーヴェンが、どのような「しかけ」を、楽曲に作りこんでいるのか・・・

ハーモニーのお話でした。

「まさに、前代未聞の交響曲だったのです」

「この曲はハ長調なのです。
これまでの作曲家は、その調の和音から始めていました。
その方が、お客さんは安心ですよね。
しかし、ベートーヴェンは違った。
こんなふうにね・・・」・・・と、マエストロは楽しそうに歌います。

(ヘ長調~ハ長調のドミナント~ト長調に行って、ハ長調に落ち着く
・・・まちがっていたら、ごめんなさい)

「で、やっとハ長調に来る。
主題もね、こんなふうにね・・・」・・と、また楽しそうに歌います。

「こうくるか、と思うと、ちがう・・・
まるで、猫がねずみを追いかけるように。
つかまえるぞ・・つかまえるぞ・・と、思わせてなかなか捕まえない」

ニコニコと、話します。

■交響曲第3番の前のインタビュー

「この曲は、ナポレオンにささげられなくて、幸いでした。
"英雄`とは、大統領や将軍、戦場で上げた手柄ではなく、例えば私の妻や子どもだっていいのです。
ともすると、解釈が狭められてしまいます。
"英雄"は、歴史上の人物ではありません。
重要なのは、人間としての豊かさなのです。
精神の偉業なのです」

そして、楽譜の解釈の重要性を語ります。

「ここ20年、ベートーヴェンの新しい版を用いています。
古い版は、150前のもので長い間、重宝されてきました。
今日では、より多くの有益な資料に触れることが出来ます。

それは、草稿や、自筆譜の中に発見できます。
例えばね・・・・」

・・・と、2楽章(葬送行進曲)のフレーズを歌います。
画面には、楽譜が出てきます。

アクセントなのか、ディミヌエンドなのか・・・と、いう解釈について、自筆譜から読み取ります。
マエストロは、歌いながら、解説します。

ちなみに私は、思わず、スコアを取り出して、その部分を確認しました。
私のスコア(1977年ベーレンライター)には、異なる記載がありました。

なるほど・・・

・・・・・勉強になります。

88歳にして、20年前からね・・・と、軽くおっしゃる。
20年前って、マエストロ68歳です。

一生勉強。
自分が何かを語るなんて、100万年早いっ!!
(・・と、言うのもおこがましいですが・・・)

こうしたマエストロの話のあとに、演奏をそれぞれに聴くと、より一層興味がわき、引き込まれました。

指揮棒なし。
楽譜を研究し尽くした「エキス」だけを、指揮しているような・・・

それでいて、キレがいい。

魅せられ、涙した、素晴らしい演奏でした。

■最後は「おまけ」が豪華につきました。

1983年、N響と演奏した、交響曲3番の2・4楽章を、アーカイブから放送しました。
32年前です。

でも、マエストロ56歳。
まるで青年のようです。

テンポは、現在よりかなり遅く、ダイナミクスも、歌いたいフレーズも異なることが、私にも分かりました。
(残念だったのは、当時は演奏者の映像が多く、指揮者はあまり映っていないことでしたが)

本当に、素晴らしい時間でした。

このシリーズ 続きます。
とても楽しみです。

■明日、2015年10月11日Eテレ、21時~は
1.交響曲 第2番 ニ長調 作品36 (ベートーベン)
2.ピアノ協奏曲 第5番 変ホ長調 作品73「皇帝」(ベートーベン)
ピアノ:ティル・フェルナー
指 揮:ヘルベルト・ブロムシュテット
(2015年9月26日 NHKホール)

・・・です。

自筆譜と言えば・・・
探してみたら、ピアノソナタ「熱情(ヘ短調op.57)」の、ベートーヴェン自筆草稿、複製版を、私は持っていました。
大昔、何かの全集を購入したときの、「特典」で、手に入れたものです。

う・・・・っっ!
開けた形跡がない・・・

猫に小判。

明日も、留守録します。

※詳しくは、こちらをご覧ください。
クラシック音楽館ホームページ

コメントの投稿

非公開コメント

昨日、たまたまテレビを付けたら色彩豊かなピアノ音色にうっとり!また、指揮者が「いいな~!」とおもいながら最後まで見ました。すごく良かった!束の間の「音楽に浸る」時間でした。
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード