吹奏楽課題曲「自主練」CDご紹介

本日もありがとうございます。

吹奏楽世界では、夏の全日本吹奏楽コンクールの地区予選、県予選に向けての練習が始まっています。

このコンクールは、全部で5曲の課題曲が出ます。
課題曲1~4までは、中・高・大・一般・職場の全部門共通で、どれを選んでも良いことになっています。
この課題曲と、自由曲を組み合わせて、12分以内で演奏する(大編成の部)コンクールです。

今年は、課題曲Ⅱマーチ「春の道を歩こう」佐藤邦宏作曲、が、とても多いようです。

さてこの課題曲について、興味深い練習方法ができる、CDが発売されています。

ずばり「自主練」

視聴してみました。
それぞれの声部(クラリネットとか、チューバとか、打楽器など)、パート別になっていて、全体の演奏は後ろで流れつつ、そのパートのみが、誇張されて大きく演奏されているというものです。

合唱の世界では、「ONTA」(教育芸術社)というCDがあり、例えば混声四部合唱の場合、ソプラノだけ、テノールだけと、それぞれの声部が伴奏に乗せて演奏されています。

このCDが出る前、私は、こういうものを、当時のカセットテープに、自分でピアノ弾いて、自分で歌い、自主制作して、授業で使っていました。

世の中・・・便利になったもんだ・・・
・・・と、思っていたら・・・
吹奏楽でも・・・・驚きました。

これをそのまま「耳コピ」は、良くないと思います。

■個人練習するうえで、さらい込んだあと、自宅でも「合奏の気分で」確認できる。
■聴きながら、自分のパートを声に出して歌える。
■自分の演奏の「流れ」の中で、変化する役割を知る。
メロディーなのか、ハーモニーなのか、オブリガードなのかなど。

・・・使い方次第で、文字通り「自主練」の助けになると思います。

1
このCDを制作、販売、配信しているサイト管理者は、次のように「きっかけ」を綴っていらっしゃいます。

「以前、仕事の一つで、視覚障がい者センターでの音楽講座を受け持ったことがありました。
あるイベントで、メンバーでハンドベル演奏をする機会がありました。

点字楽譜もありますが、盲学校に通っていた方は教えてもらってますが、昨今は糖尿病からの失明など後天的な方が圧倒的に多いので、点字を読めない方が多いのです。

そこで各々が家で練習できるように作ったのが、まさに「自主練」のパターンで、十数人のパートの分だけCDを制作したことがありました。

そのことが後々、このアルバムに繋がっていきます」

・・・・・・・
使う人の身になった、お気持ちを感じます。

6月13日現在、課題曲Ⅰ・Ⅱ・Ⅳがリリースされています。
以下のブログで順次、紹介されています。

★詳しい内容と、ラインナップは、こちらをご覧ください。
吹奏楽曲専門配信サイト【吹奏楽fun】公式ブログ

★こちらでも、視聴と購入が出来ます(課題曲Ⅱ)
アマゾン

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード