全島避難

2015年5月29日午前、鹿児島県の口永良部島の新岳で爆発的噴火がおきました。

気象庁によると、島東部の新岳(標高626メートル)で29日午前9時59分、爆発的噴火が発生。
火砕流が海岸に到達し、噴煙の高さは火口から9000メートル以上になりました。 

毎日新聞2015年5月29日より
1


地元の鹿児島県屋久島町は、噴火警戒レベル5(避難)を受け、全島避難を決定しました。
避難指示が出た住民の方々は、現在、公民館など3カ所に避難していらっしゃいます。

火山活動が終息する見通しは立っておらず、避難が長期化する可能性もあるとみられています。

全島避難・・・・

この言葉を聞いたときに、すぐに考えたことがあります。

2000年、東京都三宅島の「全島避難」です。
あのときは、避難生活が4年半にも及びました。

都内や近県の、公営住宅などに一時住居として入居された島民の方々は、その時、こんなにも長期に及ぶことは考えてもみなかったことです。

お子さんの進学、コミュニティーの分断
高齢者の健康と孤独。
仕事や経済的な問題。
たくさんの問題が、指摘されました。

今月17日。

東京都新宿区では、あのときに全島避難を経験した三宅島(三宅村)の復興に向け、島民やボランティアでつくる「三宅島ふるさと再生ネットワーク」が、新宿区の「神楽坂青空フェスタ」に参加し、島への支援を呼び掛けました。

2005年まで続いた長期避難の影響は大きく、島の人口は噴火災害前に比べて三割減、観光客は半減しました。

噴火から15年、帰島開始から10年たちましたが、三宅島は、今も復興の途上にあるのです。

鹿児島県は、この教訓を生かして欲しいと、強く願います。

誰にとっても、ふるさとはあります。
今・・・島民の方々のお気持ちを考えます・・・

関東でもここのところ、震度4以上の地震が続いています。
日本各地で、火山活動が活発になっています。

まったく・・・他人事ではありません。

避難されている方々の、長期的な見通しに立った、生活の支援を
心よりお祈り申し上げます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード