野田あすかCDブック「手紙」

自閉症スペクトラム(ASD)

アスペルガー症候群、自閉症、小児期崩壊性障がい、レット症候群などの総称で、広汎性発達障がいとも呼ばれます。
注意欠陥多動性障がい(ADHD)とは、異なります。

野田あすかさん、1982年生まれ、33才。
ヒア二ストであり、教育者であり、音楽家です。
広汎性発達障がい、解離性障がいと共に「生きる」女性です。

野田さんのコンサートに行った知人から、「とにかく、読んで、聴いてみて」と、薦められました。

CDブック 発達障害のピアニストからの手紙 
どうして、まわりとうまくいかないの?
野田あすか (著)
アスコラム 1836円

1

本書は、野田あすかさんと、ご両親による著です。

「手紙」という形で、あすかさん、お父さん、お母さんと、交互に小さいころから現在までを、率直なことばで語っています。

「こんなに苦労して、立派になりました」と言う内容ではありません。
「辛い、苦しい」だけの内容でもありません。
「美しい言葉」だけに飾られた内容でもありません。

あすかさんが成人するまで、本人も、家族も、医師も、誰も分からなかった障がいのために、ごく普通の家族として、どう暮らしてきたのか。

子どもの頃より人とのコミュニケーションがうまくとれず、唯一、安心できる存在が「ピアノ」でした。

あすかさんの秀でた感性と、努力で、コンクールに出場した日々。
「そのままのあなたでいい」と言ってくれた、レッスンの先生との出会い。

理由が見つからない中で、いじめ、転校、退学、そして自傷、パニック、右下肢不自由、左耳感音難聴などで、入退院を繰り返してきたあすかさん。

精神科に長期入院を余儀なくされ、「ストレスの原因はピアノではないか」との、医師の判断で、心の支えだったピアノに触れることのできなかった日々。

淡々と語られる、「ことば」のひとつひとつに、「想い」が伝わります。

今回の出版に向けて、ご両親もあすかさんの書いた「手紙」を読むことになり、「娘がどう感じ、何を考えていたのか」を、初めて知ったと、書かれています。

■野田あすかさん、演奏の軌跡
2006年 第12回宮日音楽コンクールでグランプリ並びに全日空ヨーロッパ賞受賞。
2006年 第2回名演奏家オーディションで奨励賞受賞。
2007年 第8回大阪国際音楽コンクールでエスポアール賞受賞。
2009年 第9回ローゼンストック国際ピアノコンクールで奨励賞受賞。
2009年 第2回国際障害者ピアノフェスティバルinバンクーバーで銀メダル、オリジナル作品賞並びに芸術賞のトリプル受賞。
2011年 自身初のソロピアノリサイタル「こころのおと」開催。
2014年 第11回ゴールドコンサートで観客賞、インターネット投票第1位を受賞。

CDブックに収められている曲の中の1曲です。
「おもいやりの風」
作曲・演奏:野田あすか

野田さんのことばより・・・
私が思うおもいやりは、人に話しかけることです。優しい言葉も厳しく叱ったりする言葉も私のために言ってくれている言葉だと思うのでそれは全部おもいやりだって思います。そんなおもいやりの言葉がピアノの音になってみんなにいっぱい広がるように作曲しました。

「おもいやりの風」演奏動画 4分37秒

わぁ・・・きれいな音・・・

率直な第一印象でした。

野田さんの演奏には、1音1音に意味があり、光があり、力を感じます。

それは超絶技巧でも、複雑な和声でもない、
「心の手紙」として、音楽が存在しているのだからだと感じました。

★野田あすかさんのホームページです
野田あすか公式ホームページ
★CDブックは、こちらからもお求めいただけます
アマゾン

知人に感謝しています。
ありがとうございました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード