正しい楽譜の読み方 大島 富士子 著 

本日もありがとうございます。
久しぶりに、東京は春の日差しです。

今日は昨年に引き続き、お薦め本のご紹介です。

正しい楽譜の読み方
-バッハからシューベルトまで-
〜ウィーン音楽大学インゴマー・ライナー教授の講義ノート〜
大島 富士子 (著)

現代ギター社 1620円
1

・・・・シンプルなタイトルです。

本書は、アナリーゼの本でも、楽典の本でもありません。

本書は、ウィーン音楽大学音楽学部教授、インゴマー・ライナー氏の「歴史的演奏法講座」に基づいたものです。
2009年、11回にわたって、月刊「現代ギター」(現代ギター社)に、連載されたものを本にしたものです。

「歴史的演奏法」・・・聴きなれない言葉です。
実際、日本の音楽大学には、この科目はないそうです。

ウィーン音楽大学では、2004年から、正式に音楽学部に設置されたそうです。

私たちがいつも、何の疑いもなく読んでいる「楽譜」
この本は、その時代、歴史、文化によって、まったく様式も、概念もことなることを教えてくれます。

17世紀~18世紀のこの時代、良く耳にする機会のある作曲家では、ヴィヴァルディ―・バッハ・ハイドン・モーツァルト・シューベルト・ベートーヴェン(初期)などが、この時代の人です。
西洋の音楽史的に言えば、バロック時代から、ウィーン古典派までです。

「吹奏楽には関係ない作曲家ばかりでないの?」
いえいえ・・・

関係あります。とっても。

ヴィヴァルディーも、バッハも、モーツァルトも、吹奏楽で演奏します。
クラシック編曲ものや、オリジナルにも、「舞曲」のさまざまなタイトルのついた組曲が、たくさんあります。

アンサンブルに至っては、この傾向は強くなりますよね。

◎本の内容です
■楽譜の基本
・バッハの楽譜には、なぜ、記号がなにもないのか。
■楽譜の比較
・様式と時代背景
■テンポの基準は、何だったのか。
(メトロノームはまだない)
・テンポの基準
・タクトの意味
■テンポの決め方
■舞曲について
・当時の時代背景と文化
■舞曲の種類
■装飾音符
・様式、意義、4つの原則
■装飾音符の種類
■装飾音の種類と、正しい解釈
■アーティキュレーションについて
・アーティキュレーションの基本・練習方法
■楽譜の選び方
■誤解されやすい用語や記号

目次だけ見ると、難しそうです。
いえいえ・・・

おもしろいです。

このような内容の「専門書」は、たくさん世に出ています。

学生時代は、確かに頑張ったけれど、今は腰が引ける
本の厚さと、文字の小ささは 老眼ではキツイ

むずかしいことを、易しく書ける人はすごい。と
こういう本に、出会うたび、いつも思います。

本書は、何より「分かりやすい言葉で」書かれています。
(もっと勉強したい人は、ここから、さらに専門書に入ると良いと思います)

そして、「読み物」として、目からうろこの「おもしろさ」があります。

★例えば・・・舞曲の章では

「ヨーロッパの宮廷のダンスは,日本の参勤交代と似た意図があり,各地の領主を強制的に城に集めて,謀反を企てる暇がないようにするシステムだった。

大広間で椅子に腰掛けるのは,王族のみ。残り全員は何時間も立ちっぱなし。

メヌエットなどは1度に1組だけが10分ほど踊る曲なので,皆,二人一組で待機して,何時間でも飲まず食わずの立ちっぱなしで踊る順番が来るのを延々と待ったので、トイレ(当時はトイレがない)が、一大事であった。」
・・・など、

これまで、なんとなくやっていたこと、もやもやしていたことが、「そーだったのか」と、納得でした。

吹奏楽をする方々、アマチュアオーケストラの方々も、この時代の演奏法を「知っている」ことは、大切であると思います。

特に指導者は、一読の価値が十分にあると思いました。

ではロマン派以降~現代の作品についてはどうなのか。

それは、その作品により、解釈の方法はまちまちで、1つ1つ・・・
楽譜を「掘り起こして」考えなければならないそうです。

・・・確かに・・・
この歳になっても 勉強すること てんこ盛りです

お勧めの良書です。

尚、本書は、日本図書館協会選定図書にも選ばれています。

■お買い求めは、こちらからも出来ます。
今回は、在庫のあるサイトをご紹介します

現代ギター社

・・・・・・・・
☆下記のブログランキングに参加中です。
お手数ですが、下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力をいただけたら大変うれしいです。

にほんブログ村
ありがとうございます。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード