全日本吹奏楽コンクール大会への道のり

本日もありがとうございます。

アマチュアの吹奏楽に関するコンクール。
季節によって、形態が異なります。

吹奏楽編成によるもの
・・・・主に夏から秋
アンサンブル編成によるもの
・・・・主に秋から冬
マーチングに関するもの
・・・・主に夏から秋
ソロでのコンテスト
・・・・主に秋から冬

今は夏へ向けて、出場団体は、吹奏楽編成での練習に励んでいらっしゃる事でしょう。
早いところでは、昨日から地区大会が始まっています。

今日も多くの吹奏楽部、吹奏楽団体が、夏のコンクールに向けての練習に励んでいらっしゃることでしょう。

「コンクール」「コンテスト」。
現在では、様々な主催者によるものが、たくさん見られるようになりました。
それは地域によっても、様々です。

中でも、もっとも歴史が長く、全国的なアマチュア・吹奏楽に関するコンクール、コンテストについて改めて、ご紹介したいと思います。(過去にとりあげた話題ですが、再度、便利な「情報サイト」をご紹介させていただきます)

◎全日本吹奏楽コンクール

★主催者である、朝日新聞社が、分かりやすく解説しています。
以下、サイトより

◎全日本吹奏楽コンクールとは

1940年から続く、伝統ある国内最大の音楽コンクール。全日本吹奏楽連盟と朝日新聞社が主催しています。


歴史
第1回全日本吹奏楽コンクール」は、1940年に大阪朝日会館で開かれました。
その前年の1939年に発足した、大日本吹奏楽連盟(現在の全日本吹奏楽連盟)と朝日新聞社の主催でした。

その後、戦中や戦後の混乱で中断したこともありましたが、1956年に再開しています。
2012年には60回目の大会が開かれるなど、伝統ある音楽コンクールとなっています。

現在
参加団体は1万団体超!

中学、高校、大学、職場・一般の4部門で実施されます。

2015年(第63回)には、10,671団体が参加しました。
このうち中学6727団体、高校3224団体と、中高生がほとんどを占めます。

全国大会出場は狭き門
全国大会には、規定により中学校50人以内、高校と大学55人以内、職場・一般65人以内(いずれも指揮者除く)のA部門の団体が出場できます。
参加団体は12分間で、課題曲と自由曲の2曲を演奏し、審査により金賞、銀賞、銅賞のいずれかが贈られます。

地区大会や都道府県大会で金賞及び代表に選ばれ、さらに支部大会で金賞・支部代表になると、全国大会に出場することができます。
※注・・・近年では少子化、統廃合に伴い、地区大会なしでの県大会実施県が、増加の傾向にあります。

全国大会に出場するのは計99団体(中学30、高校30、大学13、職場・一般26)

1

全国大会会場、普門館から、名古屋国際会議場で

1972年(第20回)、そして1977年(第25回)からはほぼ毎年、中学・高校の部は、収容人数5000人の大規模ホール、「普門館」(東京都杉並区)で開かれてきました。

しかし、2012年5月に普門館のホール客席天井部分の耐震強度が不足していることが分かり、その年の第60回の中学、高校の部は急きょ、名古屋国際会議場(名古屋市)に会場を変更して開催。

以降、中学、高校の部は名古屋国際会議場で開かれています。

審査の評価方法が2013年度から変更に
全国大会ではプロ演奏家、作曲家などによる審査員9人により評価されます。

2013年度から評価方法が変更され、課題曲と自由曲を総合してA、B、Cの3段階の評価をします。
審査員に与えられるABCの数はあらかじめ決められており、審査員5人以上がA評価であれば金賞、過半数がC評価であれば銅賞、それ以外は銀賞とする判定基準のもと、各団体の賞を決めます。
(これには、賛否両論あります・・・私見)

2013年度より「3出制度」が廃止
2012年度までは連盟規定により、全国大会に3年連続出場を果たすと翌年はコンクールの出場を休む制度がありました。
この制度は、2013年度以降、廃止となりました。

このほか、地区大会、都道府県大会や支部大会では、演奏人数によって30~35人程度の中編成(B部門)や小編成(C部門)もあります。

・・・・・・・・・・・・

★下は、朝日新聞デジタル「吹奏楽」サイトです。
朝日新聞「吹奏楽」

大変情報が豊富で、正確です。
今年度の各支部の予定も、一覧で見ることが出来ます。
さらに、詳しく知りたいときには、各支部のサイトへ行くことが出来ます。
また、「合唱サイト」へも行くことが出来て便利です。


このサイトは、1年中、更新されています。
1つのサイトで、全国の様子が分かるので、便利です。


★全日本吹奏楽連盟のホームページの中に、各支部一覧があります。
フォーマットが統一されていないので、使い勝手はそれぞれですが、そこから、ひとつずつ、支部の様子を見ることも出来ます。

全日本吹奏楽連盟・各支部一覧

・・・・・・
コンクール・コンテストは、スクールバンドにおいては、それを「利用」して、子どもたちの「成長の糧」にするものだと、私は思っています。(大学生以上の大人は、それぞれあると思います)

どうぞ、上手に「活用」「利用」して・・・・

良い練習
良い時間
そして、良い演奏を・・・

いつも応援をありがとうございます。
ブログランキング参加中です。
下のマークを、ポチッと押して、ご協力いただけたら嬉しいです。
     

にほんブログ村
ありがとうございます


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード