プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

私は長い間、東京の公立中学校で音楽科教師をしていました。
また、長い間、部活動と市民バンドで、指揮者をさせていただいていました。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
ささやなか経験と、大いなる感謝の心をもって、頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


自動翻訳


再会

本日もご覧いただきありがとうございます。

先日の富山県で・・・

感激の再会がありました。

都内で勤務した5校のうち、4校目の勤務校。
吹奏楽部を作って、6年で異動になりました。

先生はその学校に音楽科として異動となり、吹奏楽部の顧問を引き受けてくださった方です。

その後寿退職。
現在は、ご主人様の郷里である富山県で、暮らしていらっしゃいます。

まさかの再会でした。

今はお子様にも恵まれて、素敵なご家族の中で幸せに暮らしていらっしゃるご様子・・・
うれしかったです・・・感激でした。

初日の講習会にも、ご参加くださいました。

これからも、ご家族のお幸せをお祈りしています。

長く生きていると、時々、あり得ないような再会があります。
そのひとつひとつに感謝して・・・

これからもコツコツ。
ありがたいことです。

1

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

魅力ある人

本日もありがとうございます。

人の魅力って何でしょう。
誰かを魅力的と感じるときって、どんな時でしょう。

私の場合は、自分にないものを持っている人。
自分の知らない世界で生き生きと生きている人。

そんな魅力的な知人と、久しぶりに再会しました。

演奏家として、教育者として
国内のみならず、海外でも活躍中の素敵な人です。

少しも偉ぶらない、おごらない。
出合った人々の、良い面に感謝する。

他人の幸運、活躍を心から喜び、応援する。
自分の歩みを素直に、「おかげさま」と口にする。

何より、笑顔が心からのものであると、相手に感じさせる。

良いことは良い
悪いことは悪い

はっきりとした「軸」をもっている。
それを、きちんと、人に伝えることが出来る。

人として「ブレ」がない。

だから、彼女の周りには「良い気」の人であふれている。

うらやましいし、まぶしいです。
なぜなら、自分にないものだらけだからです。

そして、自分もその「光」の中に包まれることを「心地良い」と感じるのです。

だから、魅力的なのです。

出合ってから22年目の年末。
しばし、その「幸せ」の時を過ごさせていただきました。

来年がさらに、良い1年になりますように。
心よりお祈りいたします。

さようなら
ありがとうございました。

11

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

本日もご覧いただきありがとうございます。

先週末、素敵な再会と出会いがありました。

実践大学音楽学系曁碩士班 台湾
SHIH CHIEN UNIVERSITY


台北にある、私立大学の音楽学部の学生さんたちと、先生方が、日本で演奏や視察をする目的で来日されました。

実践大学音楽学部の主任教授である、宋正宏先生。

今年(2016年)5月の、静岡県浜松市で行われた、バンドクリニックに参加され、私が担当させていただいた講座を受講してくださいました。

この時が「ご縁」でした。

そのご縁から、来月(11月)に、台湾へのお招きをいただきました。

来日に合わせて、この日は、赤坂の滞在先にお訪ねし、先生方と会食。
素晴らしいドイツ料理を囲みながら、講座の細かい打ち合わせをさせていただきました。

宋先生は、ウィーンにながらく留学され、今は、実践大学と国立(こくりつ)芸術大学で教鞭をとられていらっしゃいます。

ご一緒させていただいたのは、実践大学教務部長、同大学の指揮者、ニューヨーク大学でも教鞭をとられている、OuYang(オーリャン)先生、ご専門はヴァイオリンです。

宋先生の秘書を務められている、シェリーナさん。

通訳は宋先生。
宋先生の日本語は素晴らしく(先生は9か国語が話せるとか・・・ビックリ)、具体的なご相談をさせていただきました。

台湾の教育制度。
音楽大学の教育システム。
文部省(国)からの支援や、地域の学校との提携。
日本との関係や交流。

・・・など、詳しく聞かせていただきました。

大変興味深いお話の数々でした。

私の方からは、メールでの打ち合わせに沿った、資料やプレゼンの原稿、機材の要望を持参し、修正点がないかどうか、確認していただきました。

結果・・・・
音大生200名全員を、複数のクラスを分けてワークショップ。
音大ウィンドオーケストラの講座。
提携高等学校での、ワークショップと合奏講座。
・・・・以上を一週間かけて担当させていただくことになりました。

自分にそんな大役が、務まるものか・・・・
不安と緊張で一杯でした。

しかし、先生方の温かく、お優しいお人柄に
輝かしいキャリアをお持ちでいらっしゃるのに、謙虚なお姿に
気配り、心配りに満ちたお話に

何よりも、若い世代を思う情熱に・・・・

心を打たれました。
うじうじしていた自分が恥ずかしく思えました。

「大丈夫です。」
・・・宋先生は、温かくおっしゃってくださいました。

未熟な自分なりに、感謝の気持ちで
一期一会を大切に・・・

いつも思います。
ご縁を結んでいただけるありがたさを・・・・
それは音楽だけでなく、人生の様々な場面においてです。

この再会と、ご縁に心から感謝いたします。

実践大学のみなさんは、本日、来日日程を終了されご帰国になります。

1

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

本日もありがとうございます。

4月の広島での勉強訪問以来、懐かしい再会がありました。

広島エリザベト音楽大学准教授、田中晴子先生との再会です。

先生は、もともとクラリネット奏者。
フランスでの研鑚後、同大学において、「音楽家の耳トレーニング」の研究にあたられ、ソルフェージュ・音楽理論の教壇に立たれていらっしゃいます。

2015年・2016年と、授業参観させていただき、おせわになりました。
今回も、学会のお忙しい時間をさいて、時間を作ってくださいました。

場所は、先生が大学院生時代、アルバイトをなさっていたという、素敵なお店。
心のこもったすばらしいお食事をいただきながら、たくさんのお話しを聞かせていただきました。

音楽の話
ちょっと私的な話
教育問題

先生の情熱がひしひしと伝わる、興味深い内容に、引き込まれました。

「耳トレ」は、いわゆる「耳コピー」とは全く違います。
「聴くこと」の大切さを身につけることは、音楽の専門家だけでなく、若いアマチュア、例えば吹奏楽活動している中高生。
小学校の授業にも、大いに大切なことだと、改めて実感しました。

あっという間の楽しい時間でした。

先生、研究室の先生方の益々のご活躍をお祈りいたします。

さようなら お元気で・・・
本当にありがとうございました。

1

・・・・・・・・
「音楽家の耳トレーニング」の理論
1

以下の本は、どなたでも購入していただけます。
1

■お求めはこちらからも出来ます。
アマゾン

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

お帰りなさい

本日もありがとうございます。

先日、浜松で・・・
うれしい再会がありました。

元、東京の市民吹奏楽団指揮者をしてくれていた、Fさんです。

Fさんは、音響開発の仕事をしています。
3年半前、アメリカ、ロサンゼルスに転勤し、帰国しました。

「F君がアメリカにいるうちに、遊びに行く!!」
・・・と、ずっと言い続け・・・

遊びに行かないうちに・・・
帰ってきちゃいました(失礼!)

とても懐かしく・・・
アメリカの教育、文化、法律、宗教、娯楽などなど・・・
たくさんの話を聞かせていただきました。

浜松、東京と、離れていますが
アメリカよりは「近い」

激務連続の3年半・・・
大変なことです。

心から・・・お帰りなさい。

どうぞこれからも、身体に気を付けて・・・

さようなら
ありがとうございました。

2012年12月、我が家で「壮行会」をしました。
1
1

3年半ぶり「お帰りなさい」
1

・・・・・・・・
いつも応援をありがとうございます。
下のバナー(吹奏楽の印)を、クリック又はタッチして、ご協力いただけたらうれしいです。

にほんブログ村
ありがとうございます

 | ホーム |  前のページ»»