お悩みぶっちゃけトークin浜松

本日もご覧いただき、ありがとうございます。

静岡県浜松市で行われていた、ジャパンバンドクリニック。
ここには、全国から先生方が集います。

この機会に・・・
プライベート・トークイベントが行われました。

「お悩みぶっちゃけトークin浜松」
1

★ご参加の方々

新潟県・福井県・鳥取県・東京都・神奈川県・福島県・和歌山県・愛知県から・・・

教員・楽器店・外部講師と、仕事、校種、教科も違う方々です。
みなさん初対面。
(私は、司会進行を・・・)

最初は少し緊張・・・
それでも、「悩み」は同じです。

飲んで、食べて、話すうちに・・・

・今の学校現場の「仕事」
・部活動とブラックと言われる現場の関係
・少子化、統廃合、人口減少、反対に人口増加
・私生活
・コンクールの意義
・地域のボトムアップのために・・などなど・・・


練習時間(最終下校時刻や、活動日の制限)のあまりの違いに、ビックリしたり・・・

「あるあるっ!!」
「そうそう」
「ちょっと聞いてください」
「なるほど・・・」
「いいですねぇー!素敵っ!!」
「へぇー、知らなかったぁ」
「おぉー・・・」

共感一杯。
発見や、勉強一杯。
しんみりしたり、爆笑したり・・・

ちょー盛り上がりました

みなさん、立場や県は違えど、想いは同じ。

教員魂…炸裂でした!!

ご縁の輪・・・が、広がりますように・・・・

■この様子は、月刊バンドジャーナル誌(音楽之友社)10月号に掲載される予定とのことです。

企画してくださった編集部のみなさま、
ご参加くださった方々、

心より、ありがとうございました。

2

素敵なステキな出会い・・・
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

ジャパンバンドクリニック「再会」

本日もありがとうございます。

先週末は、素晴らしい講習会に参加させていただきました。

第48回
日本吹奏楽指導者クリニック
2017年5月19日~21日
アクトシティー浜松
主催 日本バンドクリニック委員会


毎年5月に開催される、国内最大の指導者講習会です。
吹奏楽の一大イベントでもあります。

参加者は、指導者・作曲家・出版社・楽器店など、定員1500名でしたが、たぶんそれよりも多くの方々が集ったと思います。

私は2日間のみの参加でした。

その中で、たくさんの再会の機会をいただきました。

展示場では、多くの楽器・書籍・楽譜・ソフト・グッズの販売。
音楽大学や、専門学校のブースも並びます。

1

ここで驚きの再会。

岐阜県の中学、国語の先生。
自費出版された、吹奏楽の指導書を自ら販売されていました。

自費出版の販売・・・その熱意に頭が下がります
1

「ツイッターサイズ・バンド上達法」
竹中久宣著1000円

2

ツイートするように、短い文字で「大切なこと」が書かれています。
文字も大きく、ハンディーサイズ。
絶賛発売中です。


DVD販売、ジャパンライムの方々です
4

いつもご親切にしてくださいます。

講習会にも参加させていただきました

小学校指導者講座Ⅱ「音楽表現法」
講師 近江博幸先生

3

小学生バンドの皆さんに対して、大切なことをやさしく、分かりやすく・・・
ユーモアたっぷりの温かい講座で、勉強させていただきました。

元、大阪私学高校の先生と・・・
5

DVD制作では大変お世話になりました。
実は、東京都一般吹奏楽連盟時代からのお付き合い・・・
これからの新しい生活で、益々のご活躍を!!

静岡県在住の友人と
1

東京都一般吹奏楽連盟時代に、お世話になりました。
互いに連盟を離れましたが、今も、親切にしてくださいます。

他にも、たくさんの「再会」がありました。

ひとつひとつが「感謝」の歴史でもあります。

おかげさま・・・です。

どうぞみなさん、お元気で・・・・

さようなら
ありがとうございました。

「再会」にしみじみ・・・
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

ジャパンバンドクリニックから戻って

真夏のような日差しです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

2017年ジャパン・バンド・クリニック

静岡県浜松市より戻りました。

今年も多くの出会いや学びがありました。

私は土日2日間の参加でした。

今朝は早朝から、講座へご参加くださった先生方

昨晩は、熱き語り合い・教員魂を見せてくださった先生方

今はしみじみし過ぎて・・・
言葉が見つかりません。

良い意味での心地良い疲れと、感慨に浸っております。

みなさま無事にお帰りになれましたでしょうか。

どうぞお気をつけて無事にご帰宅ください。

そして明日からまた・・・

お身体を大切に

頑張りすぎないで、頑張ってくださいね。

感謝の「体験」は、後日、ご紹介させていただきます。

心より

ありがとうございました。

しみじみと・・・
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

私立高校吹奏楽部から学んだこと

本日もありがとうございます。

先日お伺いさせていただいた、長崎県の活水中高吹奏楽部。

ここでも、多くの学びや、発見がありました。

2日間、クルクルと動き回る生徒さん、先生方。

過密スケジュールの中で、あたふたしていたのは、私だけ。

中・高・大の音楽監督は、藤重佳久先生とおっしゃいます。

お人柄温かく、ほがらか。
個性的。
有言即実行型。

3人の顧問の先生方は、指導、会計、スケジュール管理と運営の実務ばかりでなく、技術指導や、指揮も分担されています。

みなさん、信頼関係の厚い仲良しです。

■チームの力
3

■掲示物は自分たちで

練習場のあちこちには、生徒さんたちが考え、決めたことを、大きく自分たちで掲示しています。

1

1

驚いたことに、3月に初めて伺わせていただいた際、生徒さんたちにお話したことが・・・

話し合いの結果、実行しようと掲示されていました。

2

2

そして「決めたら」即、実行。

まずは「やってみる」

生徒さんのそういう気持ちを、後押しする先生方の姿。

■1人1人のレッスン
3

お昼時間も、「休み時間」ではありません。

準備室には、生徒さんたちの長い列が・・・・

1人1人、先生が見ます、聴きます。

それは基礎練習のどこかであったり、曲の中のどこかであったり、自己ノートの内容であったり、質問であったり・・・様々です。

藤重先生は、丁寧に、褒めたり励ましたりしなからご指導。

時間にしたら、1人数分です。
それが積み重なれば・・・大きな力になるのですね。

■ミーティング
4

これもしゅっちゅうです。

限られた環境の中で・・・・

先生方と生徒さんとの距離がとても「近い」ことが、印象的でした。

バンド運営
バンド指導

これらの「ハウツー」は、今や、全国共通です。

問題は「やり方」であると、改めて認識させていただきました。

・・・・・・・・

「すごいですねぇ。でも私には、先生のようにはとてもできません」

どんな発見や学びがあっても、「その人と同じこと」は、出来ません。

それは「おたがいに」です。

誰だって、誰かと「同じこと」なんて・・・
人はみんな違うんですもの。

マネは最大の学び

自分流に・・・取り入れて。

環境や、条件は異なっても・・・
「本気」であること。


その大切さを改めて学びました。

いつもいつも、どこへうかがっても
学びの連続です。

ありがとうございます。

最後までお読みいただきありがとうございました。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

小編成バンドのセッティング一考

本日もありがとうございます。

吹奏楽コンクールでは、大編成・小編成というくくり方があります。

全日本の場合、大編成は中学校が50名。高校は55名。という規定です。

いわゆる「全国大会」を目指すためには、大編成部門で登録しなければなりません。

この大編成。
規定人数で組めるバンドが減りつつあります。
少子化の影響です。

小編成の規定はどうか。
35名。30名・・と、まちまちですが、実態を見ると、10名前後での出場も増えてきました。

今日は、そんな10名~20名の編成。
パートのバランスもとれない。

小編成バンドの「セッティング」についての一考です。(あくまで一考です)

■仮想バンドの例
・フルート0
・クラリネット4
・アルトサックス2
・テナーサックス1
・バリトンサックス2
・バスクラリネット1
・トランペット2
・トロンボーン1
・ホルン1
・ユーフォニアム0
・テューバ1
・打楽器2
・・・合計17名


一般的なセッティングをするとこうです。
1

打楽器=左端
金管=正面
木管=左右

これを、変えてみます
4

打楽器=正面奥
低音=正面

3

メロディー=左右一列目
あと打ち・ハーモニー・対旋律=左右二列目

5

2

ポイントは「柔軟に」です。

大編成のセッティングにこだわると、響き方、表現力、演奏者同士のコミュニケーションなどに差し障りが出る時もあります。

演奏者の力量。
楽曲の構成。
互いが演奏しやすいか。


さまざまな要素を考慮し、「あなたのバンドのための」セッティングを考えて行くことが、必要になると思います。

セッティングは、とても大切ですね。

是非、いろいろとプランを練ってみてください。

★コンクール本番での小編成バンドの具体例は、下記にご提案させていただいています。

小編成バンドのセッティング具体例
    
いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のマークを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード