「コンビニ人間」村田沙耶香著

本日もご覧いただきありがとうございます。

不思議な美しさ、切なさ・・・を覚えた本と出会いました。

2016年上半期の芥川賞受賞作。本屋大賞に輝いた本。
村田沙耶香さんの「コンビニ人間」です。


コンビニ人間
村田沙耶香著
文芸春秋

1

「コンビニエンスストアは、音で満ちている」
・・・・その書き出しから、引き込まれました。

主人公は36歳未婚の女性。
大学卒業後、就職せずに、18年間、コンビニのアルバイト一筋で生きています。

コンビニという空間に展開される、「働く姿」の描写に圧倒されます。
人間関係が、独特の視点で描かれています。

しかし本人にとっては、幸せな空間であるにもかかわらず、「世の中的」には「いい年して恥ずかしい」とみられます。

家族や友人たちは、主人公が未婚であることを心配し、なにくれとなく、世話をやきます。

それを察した主人公は「普通」にみられるにはどうしたら良いか、考えます。

ニセの恋人、同居人を家族に紹介し、「安心」してもらおうとします。

そして・・・・

主人公の奇妙な世界観に魅せられて、一気に読みました。
本当に、コンビニという空間がキラキラしているように感じました。

ひとつひとつの「描写」がリアルで、切ない。

「生き方」に「普通」や「恥ずかしい」があるのかと・・・・

主人公が発達障がいであるという見方もあります。
果たして、そうなのか。
自分の中に、こういう要素は全くないのか・・・

自分にとっての「コンビニ」は、もしかしたら「学校」だったかもしれない。
いろんなことがあったけれど・・・
やっぱりキラキラしていた。

そこから出て生きて行く(今はそうですが)のは、自分にとっては「普通」ではない、険しさがあります。

そんなふうに、自分にも問いかけたくなる本でした。

■この本はこちらからもお求めいただけます。
コンビニ人間

・・・・・
先日、新聞紙上に「生涯未婚率」が上昇しているという記事が掲載されました。

生涯未婚率

生涯未婚率・・・「50歳時」の未婚率(結婚したことがない人の割合)を算出したもの。
生涯独身でいる人がどのくらいいるかを示す、統計指標。(公益財団法人、生命保険文化センターによる)・・・なのだそうです。

国立社会保障・人口問題研究所という所が、5年に1回国勢調査を分析してわりだしているそうです。

その結果今回は、50代での未婚率が・・・
男性が23・37%、
女性が14・06%、
だったそうです。

この結果を、非正規雇用増大による経済的貧困、介護など社会保障制度のぜい弱さにあるとしていました。

確かに、そういう一面もあるでしょう。

しかし、理由はそればかりではない。

いろんな個性
いろんな価値観
いろんな事情
・・・があっていいのだ。

統計を全て「世の中のせい」にする必要はない。
少子高齢化を阻止するためだけに、婚活する必要もない。

それぞれの人生のなかで、自分が感じる「幸せ」がきっとある・・・

そんなことを感じさせてくれる本でした。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

しゃくなげ

連日強風ではありますが、満開桜は咲き誇っています。
本日もご訪問いただきありがとうございます。

花粉も絶好調。
目も鼻もヒクヒク、くわんくわんになりながらも、この短く美しい季節を楽しんでいます。

満開の桜並木の中に、石楠花'(シャクナゲ)が咲いていました。

最初は、ツツジ? サツキか?
でもまだ早いし・・・
・・・と近寄ってみました。

熱心に写真を撮っていらっしゃる方にうかがいましたところ、「これはシャクナゲです」と、教えてくださいました。

シャクナゲは ツツジ科ツツジ属。
なるほど良く似ています。

しかし立派で美しい。
繊細で、優雅な気品があります。

「花木の女王」と呼ばれているそうです。

花言葉は「高嶺の花」「荘厳」「威厳」
うーん、これにもなるほど納得。

ただ、葉には「グラヤノトキシン」と呼ばれるけいれん毒が含まれているそうです。
・・・で、もう一つの花言葉は「警戒」「危険」
なるほどー。

これまたガラケーで撮りました。
後ろに満開の桜・・・気に入っています。

1

2

♪夏が来れば思い出す~
ご存じ「夏の思い出」(江間章子作詞・中田喜直作曲)

この1番の歌詞の中に
♪しゃくなげ色にたそがれる~

こんな色のたそがれなんだなぁ…
そう思うと、しみじみします。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

大人のADHD

本日もご覧いただきありがとうございます。

ADHD
注意欠陥・多動性障がい


教育の現場では、ずっと以前から使われている言葉です。

大人のADHD。

私の周りでも「私はADHDだから」とおっしゃる方々に触れる機会があります。
そんなとき、どう言葉を返したら適切なのか、ずっとモヤモヤしていました。

調べると、実に多くの書籍が出ていることを知り、驚きました。
その中から、以下の2冊をご紹介したいと思います。



ADHDでよかった
立入勝義著
新潮社

1

著者自身が、医療機関でADHDと診断されています。

子どものころから何か人と違うと思いながら成人し、社会人となり、結婚します。

仕事が続かない。
ひとつのことに気をとられる、集中し過ぎて周りが見えなくなる。
忘れ物が多い。
他人の言うことを聞かない。
思うようにいかないと癇癪を起す。
行動が約束に伴わない。

たくさんの不都合があり、強い自己否定を持ちながら、人生を歩みます。

アメリカに渡り、様々な成功をおさめますが、ここで初めて、自分がADHDであると診断されます。

カウンセリングと投薬治療を受け、改めて自分自身を振り返り、「こういう自分でいいんだ」と、肯定できるようになりました。

そのうえで、自分の得意分野に集中し、今の仕事、今の家庭を築くことが出来たことが書かれています。

読んでいると「自分にもあてはまる」ことがいくつも見つかります。
しかし、だからと言ってADHDという言葉を安易に使うことは、ダメなのだとも思います。

ADHDということを力にして、成功した人の本
・・・・と思うと一面的である気がします。

著者のことばのひとつひとつに、一緒に働く身近な人、家族、友人、自分自身を映し出して、想像することに意味があるように思いました。

著者自身の「生活」をそのまま書いた本。
読みやすく、心にしみる本でした。

★この本はこちらからもお求めになります
ADHDでよかった



大人のADHD
もっとも身近な発達障害
岩波明著
筑摩書房

1

こちらは、医学的立場から、大人のADHDをとりあげた本です。
著者の岩波明氏は、精神科医。現在は、ADHD専門外来を担当しています。

この本では、
・ADHD特有の症状はどんなものか、
:・これまで様々な名称で呼ばれてきたASD(自閉症スペクトラム障がい)との相違点は何か、
・どんな治療法があるのか

・・・について、事例と研究、歴史から述べられている本です。

日々刻々と進歩する、この分野。
見解や名称の変化もものすごく早い。

例えば「アスペルガー症候群」と言う名称は、現在では存在せず、全てASD(自閉症スペクトラム)に統合されていること。

近年は、世の中のさまざまな情報から、自分がADHDではないかと、自ら受診する人が増えていること。
専門外来の数が、追いついていないこと。

うつ病、又は統合失調症と診断される人が多いこと。
併発している人の深刻な悩みのこと。

・・・いろいろなことを知ることが出来ました。

刻々と世界基準で変化する、名称(病名)の変化に、医療・カウンセリングの現場が追いついていない。
まして、教育現場に降りてくるまでには、相当時差があることも感じました。

ちょっと難しい専門的なところもありますが、客観的でありながら、著者の温かいまなざしも感じる本でした。

★この本はこちらからもお求めいただけます
大人のADHD

・・・・・・・
異なる人を認め、受容する社会、学校。
それは個性と呼ばれたり、病名がつく場合もあります。

自分と同じ人間は、世の中に1人もいないこと。
だからこそ、自分も他人も認められる「心」が必要なんだ。

言うのは簡単。
行うことは難しい。

まずは教育の現場から、家庭から・・・
そういう発信をすることが大切だと、改めて思います。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

桜三分咲き

東京はやっと天候が回復の兆しです。
本日もご覧いただきありがとうございます。

今日から新しい環境でのお仕事が始まった方も多いことでしょう。
寒暖の差が激しいですね。
ご体調に気を付けて頑張ってくださいね~

国立の桜は三分咲きくらいです。

「開花宣言」から10日以上経っていますが、今年は先週が低温続きだったからかも知れません。

国立大学通りの桜です
1

2

久しぶりに、入学式で桜が見られそうです。
\(^o^)/

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

別れと出発

本日もありがとうございます。

平成28年度、年度末日です。
3月は区切りの月ですね。

ご定年を迎えられた方
ご退職された方

本当に本当にお疲れ様でございました。

ご卒業された方
心からおめでとうございます。

異動となり、職場の方々とお別れしたみなさんも多いことでしょう。

今日が終われば明日へと「時」は続きます。

良い「時」をお迎えになりますように・・・・

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、とても嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード