佐藤裕子ピアノリサイタル2017

本日もありがとうございます。

今回は、憧れのウィーンの風に吹かれたような、素敵な演奏会を聴かせていただきました。

佐藤裕子ピアノリサイタル
2017年5月26日
東京オペラシティーリサイタルホール
19時開演

1
佐藤裕子さんは、桐朋学園音楽大学ピアノ科、同大学院室内楽研究科修了。
卒業後、ウィーン国立音楽大学ピアノソロ科主席卒。
リサイタル、海外での演奏活動の傍ら、教育者としてもご活躍です。

2014年~2017年まで、上野学園下野竜也指揮専門コースでは、ピアニストとして大変お世話になりました。「佐藤先生」でもあります。

[曲目]
・モーツァルト:ピアノソナタ第10番ハ長調 K330
・モーツァルト:ピアノソナタ第11番イ長調 K331「トルコ風」
・ベルク:ピアノソナタ op.1
・シューベルト:ピアノソナタ変ロ長調 D960


モーツァルトのソナタ
ピアノを子どものころから習っている人は、必ず弾く曲2曲でした。

聴きながら・・・

自分の人生で最も守られていた時代、小学生時代にタイムスリップしたような、錯覚に陥りました。

夢のように美しい流れの中で・・・
半世紀近く前の「記憶」がよみがえります。

音楽って、本当に不思議です。

ベルクは凄かったです。

佐藤裕子さんの深く、あでやかな音色。

調性のない音楽の中にドラマを見るようでした。

シューベルトは、31歳10か月の生涯でした。

今回の曲は、亡くなる2か月前に完成した最後の曲。

同時代の圧倒的カリスマ、ベートーヴェンとは、対照的に繊細な響きでした。

アンコールは、シューベルト即興曲より。
またしても、タイムスリップ!!

今回のリサイタルは、18世紀から20世紀初頭まで、300年間の中の「ウィーン」がテーマとのこと。

気持ちがスーッと明るくなる演奏会でした。
ありがとうございました。

とても親密な感じのする、あったかいリサイタルでした。

ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

ベルリンフィル日本公演のお知らせ

本日もありがとうございます。

昨年(2016年5月)、「これが最後」と、サイモン・ラトル指揮での、来日公演。
ベートーヴェンチクルスでした。

そのベルリン・フィルハーモニー交響楽団が

2017年11月に、再来日します。

1

■演奏曲目(予定)

▼プログラム①

ストラヴィンスキー:バレエ音楽「ペトルーシュカ」(1947年版)
陳銀淑(チン・ウンスク):新作
(タイトル未定/ベルリン・フィル委嘱 2017年秋ベルリンにて世界初演予定)
ラフマニノフ:交響曲第3番 イ短調 Op.44

▼プログラム②

R.シュトラウス:交響詩「ドン・ファン」 Op.20
バルトーク:ピアノ協奏曲第2番 ト長調 Sz.95(ピアノ:ラン・ラン)
ブラームス:交響曲第4番 ホ短調 Op.98
(引用:ベルリンフィルハーモニー管弦楽団来日公演サイト)

指揮者のサイモン・ラトルは2018年で任期満了。

ベルリンフィルハーモニー管弦楽団とともに舞台に立つ来日公演は2017年が最後。

ホントに最後。

ということで、ご興味のある方は是非。

先行発売、抽選販売は始まっています。
(私はいつも、この「抽選」段階でハズレます)

■詳しくはこちらをご覧ください。
eプラス

お値段ちょっと高いですが…

ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

タンペレ・フィルハーモニー管弦楽団

本日もありがとうございます。

フィンランド独立100周年を記念して、フィンランドからオーケストラが来日しています。

タンペレ・フィル・ハーモニー管弦楽団と言います

このオーケストラは1930年に創立され、1947年からタンペレ市によって運営されているそうです。

「タンペレ」は、ここ!!
1

フィンランドと言えば、「ムーミン」

会場では、トーべ・ヤンソン、ムーミンの原画展示もされていました。

1

今年7月には、タンペレホールに、ムーミン美術館がオープンするそうです。

3

フィンランドと言えば、「シベリウス」

オーケストラも指揮者もフィンランド人による、シベリウスを聴く。
貴重な機会に期待が膨らみました。

フィンランド
タンペレ・フィルハーモニー交響楽団
初来日公演
2017年5月23日
東京文化会館大ホール

2

[指揮]サントゥ=マティアス・ロウヴァリ
[独奏]堀米ゆず子(vl)

曲目
シベリウス:交響詩「エン・サガ」
シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47
シベリウス:交響曲 第5番 変ホ長調 op.82


管も弦も、落ち着いた音色
華やかさとは真逆の、重心の低い渋い色調。

事前に調べた、フィンランドの気候や風土に重なり空想が膨らみます。

シベリウスについては、「フィンランディア」しか知りませんでした。

シベリウスが生きた時代は、隣国のロシア・スウェーデンに交互に支配された時代から、開放「共和国独立」へと大きな時代の波の中でした。

年代別の演奏プログラムは、その色調を良く表していると感じました。

圧巻は、シベリウス:ヴァイオリン協奏曲 ニ短調 op.47

堀米ゆずこさん!!
1

その音色の美しいこと!!

最初の音から、心、わし掴み。

その上品で柔らかく、しかし芯がある音は、まるで真珠のようです。

自分が演奏しないときには、じっと下を向き、オーケストラと一緒に身体をゆだねて「物語の世界」を歩いているようでした。

個人的にヴァイオリンの高音に対して、拒否反応が起きるのですが、堀米ゆずこさんの音色には、音域は関係ありません。

全て柔らかい艶やかさで、語りかけてきます。

アンコール鳴りやまず・・・・

バッハ「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ3番・ラルゴ」を静かに演奏・・・

ウル・・・
私は例によって、涙がマスクの中にツー・・・・と。

オーケストラも、21時を過ぎても、元気にアンコールをフンパツしてくれました。

「フィンランディア」「悲しきワルツ」

お腹いっぱいになりました

貴重で、楽しい演奏会でした。
ありがとうございました。

東京文化会館は2300席。
この日は、空席が目立ちました。
こういう様子を初めて目にしました。

素敵な演奏会だっただけに、少し残念です。

演奏会は、静岡・大阪・広島と続きます。

■これからの公演日程・会場・チケットはこちらから
プロ・アルテ・ムジカ

チケットぴあ

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

練習に便利なファイル

本日もありがとうございます。

吹奏楽に限らす、音楽の練習に欠かせないのが「ファイル」ですね。

生徒さんたちはいつも百科事典並みの厚いファイルを持ち歩きます。

毎日の教科書や、学校の道具と一緒なので、本当に大変です。

また、ファイルに収めた楽譜、ノート、五線紙に、書き込めるように毎回出し入れします。

何とか使いやすくならないか・・・

便利なファイルを見つけました。

「Raku -fu 」
松沢書店
5

紙を入れずに、止めるだけなので「書き込める」
1

リフィールの穴には切り込みがあり、ブチッと入れるだけ
穴まわりは結構丈夫

4

A3見開きで使用できる
3

専用ファイルでなくても、使える
市販の4つ穴・2つ穴ファイルに入れられる
1

市販のファイルと一緒に入れられ、用途に合わせて組み合わせることが出来る

2

百円ショップのファイル(2つ穴)に入れてみたところ、ぴったりとおさまりました。
(穴のないタイプには使えません)

組み合わせると、お安く便利に使えそうです。

・書き込みしたり、演奏したりする曲のみこれにして、後は別のファイルに整理する・・・と、言うのもありだと思います。

■本体価格
スムーズ脱着式楽譜用ファイル
(専用リフィールA4、2枚、A3、3枚入り)
1650円(税抜き)

■リフィールA4(両面収納可能)
5枚入り1パック 500円(税抜き)

■リフィールA3(両面収納可能)
5枚入り1パック 700円(税抜き)

★詳しくは松沢書店のホームページからご覧ください
楽譜ナビ

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

音楽療法セッション2017年5月

本日もご覧いただきありがとうございます。

今週は、月に一度のセッションにお伺いさせていただきました。

都内にある、認知症の方々が暮らすグループホームです。

この日は、区役所・民生委員・町会から、運営推進委員の方々もご一緒でした。

ご参加のみなさまと合わせて、いつもより多くの方々がリビングにお集まりで、良い意味で、いつもと空気が少し違いました。

また、新しい入居者様もご参加でした。

いつものように

・導入
・歌唱
・太鼓で挨拶
・風船
・ラテン即興合奏
・ペンタトーン即興合奏
・歌唱
・整理
・・・計60分のセッションです。


季節の歌や、懐かしい歌の合間には、みなさまの思い出や、お話をうかがいました。

リクエストコーナーでも、新しい曲をいただきました。

合奏でも、アインザッツをシュッと見てくださり、要所要所で、ピタッと決まりました。

キーボードもノリノリで弾いてくださいました。

みなさまの朗らかな笑顔、
歌ってくださるお姿・・・

感謝に満ちた時間を、過ごさせていただきました。

ご覧くださった方々
スタッフのみなさま
施設長様

今回も心より感謝いたします。

来月はもう梅雨に入ります。

みなさまくれぐれもご自愛ください。

さようなら
ありがとうございました。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード