どんな花でも咲けばいい

本日もありがとうございます。

長い間の教員生活のなかで、何十回も担任をさせていただきました。

必ずあるのが「保護者会」
そして「学級懇談会」です。
バンドでも「保護者会」はあります。

話題になるのは、お子さんの成長の様子です。

なかなか思うように育ってゆかない。
こんなに時間とお金と思いを寄せているのに、分かってもらえない。

中学校と言う思春期ど真ん中のお子さんたちに、親御さんの悩みは尽きません。

そんなとき、生意気にも、時々申し上げることがありました。

「いつか花が咲けばいいじゃないですか
それがどんな花でも、咲いたことを愛おしみましょうよ」


赤いバラの花になれ
大輪の花に咲け
香りはこんなで
姿はこんなで

そう思いながらせっせと水をあげて、肥料をあげる。

その結果、小さな黄色のガーベラが咲いた

サボテンなんて、花が咲くまで50年かかるものもあるんですよ(笑)

それではだめですか?

中学校で花は咲かないかも知れない。

芽が出るだけかも知れない

芽さえ出たかどうかも分からないかも知れない

それでも、いつかは花が咲く

それはお母さんが思った花でないかも知れない

でもね、大人は咲いたことを喜びましょうよ。

どんな花だっていいじゃないですか。

水も、肥料もあんまり与えすぎると、芽が出る前に腐っちゃいますよ(笑)

・・・・若いころは言えなかったです。

現実は厳しい競争社会
そんな悠長なことを言っている場合じゃない

保護者のみなさんと年齢が近くなり、同じになり、年上になり・・・・

そんなころになって、やっと本心から言えるようになりました。

部活動も同じじゃないのかな

1

2学期へ向けて

本日もありがとうございます。

最近は「夏休み」の期間が地域や学校によってあまりにまちまちなので、「夏休みも終わり」とか、「今日から二学期」も、みんな違いますね。

それでも、今週あたりから二学期スタートという学校はまだまだ多そうです。

本日は、二学期を有意義に過ごすためのご提案です。

★ポイントは、夏休みの「まとめ」をして、二学期のイメージを「具体化」する・・と、いうことです

■具体例(あくまで一例です)

1、文章に残す

夏休みを振り返り、頑張ったこと、くじけそうになったこと、チームのこと、先生のこと、友だちのこと、家族のこと、本番の演奏の時の気持ち、そして今の気持ち、後輩に残したい言葉、これからの自分への励ましなど・・・・

指導者が具体的に「例えば」と言う言い方で、書く内容について示唆すると良いかも知れません。

2、お礼状を書く

ミーティングで、自分はいったいどんな人に支えられてここまでやってこられたのかを出し合います。
そして、分担して、お礼状を書きます。

今は何でもメールの時代です。
だからこそ、「手紙」は心が伝わりやすいと思うのです。

レッスンの先生、楽器店さん、校長先生、保護者、PTA会長さんなど・・・そのチームによっていろいろだと思います。

★書き方の指導も行う

その人との距離に合わせて手紙を書くことの大切さも、部活動で指導できると更に素晴らしいと思います。

「前略」「拝啓」などの書き出しから、季節のあいさつ、~本文~結びのあいさつと、中学生以上であればここまでしたいところです。(私自身はやり切れていなかったと反省しています)

個々に投函させると、お忙しい先生方にご迷惑がかかります。
まとめて封筒に入れ、顧問の先生のお礼状も入れて、一括郵送します。

この時、「お返事には及びません。私たちからの気持ちをお伝えしたく一筆したためました」と、書き添えると、先方に親切だと思います。

3、今後の活動計画を発表する

文化祭、地域の演奏、訪問ボランティアなど、二学期の計画を具体的に示し、目標に対してのやる気を高めます。

4、幹部交代の準備を進める

3年生が引退(または休部)に向けて、少しずつ1・2年生に「心の準備」をさせるチャンスです。

5、掲示物を張り替える

新しい一歩が始まったと、実感できます。

スローガンや様々な目標など、同じ内容になっても、「書き換える」「張り替える」と、気持ちが切り替わります。

ワープロや拡大君などは使わず、子どもたちが自分で書く・・・心がこもります。

6、パート譜を新しいものに替える。

コンクールで演奏した曲など、今後も演奏する予定ならば、パート譜を新しいものにして、音楽の「上書き保存」を進めましょう。

子どもたちの楽譜を見てあげてください。
きっとすでに「音符が見えない」状態になっているかも知れません




三学期制の学校では、二学期は一番長いです。

行事や本番も多いですね。

何事も「終わってから、子どもは伸びる」
・・・と、私は思います。

夏休み中の部活動での様々な経験が
秋の行事や舞台が

子どもたちの「心の成長」につながりますように・・・

先生方もお忙しい日々がやってきますね。
どうぞご自身を大切になさりながら・・・・

お祈りしています。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押していただけると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村

「下野塾」夏合宿2017

本日もありがとうございます。

今週は、山中湖で合宿に参加させていただいていました。

指揮者、下野竜也先生が主催する「下野塾」です。

山中湖ペンション「モーツァルト」
3

昨年から先生のお声掛けで始まった「下野塾」
今年も、お忙しいスケジュールの中を、先生が主催してくださいました。

全国から現役指揮者、各音楽大学の指揮者志望の方々、プロ演奏家のみなさんが集いました。

今年の課題曲はドヴォルザーク。
交響曲7番と9番の2曲です。


午前・午後・夜間と・・・
先生のレッスンが続きます。

技術的なこと
解釈の問題
アナリーゼに関することと同時に、「心」のあり方を先生はいつも熱く語られます。

「聴くこと」
「歌うこと(声に出して)」
「頭の中で鳴らすこと」

「指揮の動作が気持ち良い、ではダメなのです。
演奏者に良い音を出してもらえるから、気持ち良いと感じられる指揮者であってほしい」


先生のレッスンは、ことばの引き出しが豊富です。
どんな場面でも、具体的な「何か」に置き換えられます。

だから、私のような素人の頭にも、グイグイ入ります。

「指揮者がいないと出来ない仕事をする。それが指揮者です」

楽譜への深い解釈と敬意。
プロ集団であるオーケストラへの敬意。

先生の素晴らしいお人柄にいつも魅了されるのです。
心から敬愛する先生です。

深夜まで、受講者のみなさんによる、アナリーゼ研究も拝見させていただきました。

その白熱した議論は、無知な自分には理解できませんでしたが、それでもしみじみとありがたく嬉しい時間でした。

リビングから、ピアノコーナーまでを全て使用し、レッスンが行われています。
3

昨年(2016年)の合宿Tシャツ。
下野先生とおそろいで恐縮中・・・

1

上野学園で2年間お世話になった、佐藤先生
1

半年ぶりの再会。
ヴァイオリン演奏家の桜子さん

2

夕食後、みなさんに今年のTシャツが配られました
1

(下野先生のTシャツは、いつも門下生のIさんがデザインしてくださいます)

先生方のお部屋のドアには・・・
1

私も「お悩み相談室」を訪れました。
下野先生は、気さくに親身になって話を聞いてくださいました。

みなさんは本日も合宿中です。

私は一足お先に失礼させていただきました。

こんな素晴らしい合宿に参加させていただけたことに、感謝の気持ちでいっぱいです。

下野竜也先生
ご指導くださった先生方

企画してくださるみなさん
たくさんの参加者の方々

本当にお世話になりました。

心より感謝申し上げます。

先生とみなさまの益々のご活躍をお祈り申し上げます。

さようなら
心から・・・ありがとうございました。

下野竜也先生
1
2001年・ブザンソン国際指揮者コンクール優勝
2006年~2013年・読売日本交響楽団初代正指揮者
2013年~2017年・読売日本交響楽団首席客演指揮者
現在・広島交響楽団音楽総監督・京都市交響楽団常任首席客演指揮者・広島ウィンドオーケストラ音楽監督・京都市立芸術大学音楽学部指揮専攻教授

★下野竜也先生の演奏スケジュール・CDその他委細はこちらをご覧ください
下野竜也公式サイト

連載、書籍化のお知らせ

本日もありがとうございます。

2015年6月号から2017年7月号まで

月刊「バンドジャーナル」誌(音楽之友社)に、「バンドのパワーアップ講座」という連載を担当させていただきました。

その時の連載が、このたび、おかげさまで

書籍化されることになりました。


来年(2018年4月~5月)に、音楽之友社から出版される予定です。

ワークショップを担当させていただくときにご紹介している、いろんな「楽しいこと」

1冊にギュッとまとめられたらと、思います。

出版部のご担当者に助言をいただきながら・・・

授業や部活動のお役に少しでも立ちますように。

見やすく使いやすく・・・

これから一生懸命に頑張りたいと思います。

「お悩み相談室」出版の時にも思いました。

こんなの奇跡だ・・・と。

今も同じ気持ちです。

連載をご覧くださった読者のみなさまに
お世話になった方々に

心より感謝いたします。

ありがとうございます。

ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、とても嬉しいです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

話すことの大切さ

本日もありがとうございます。

今年5月。
浜松でバンドクリニックが開催されました。

その時に「番外編」として、バンドジャーナル誌企画による、座談会が夜、行われました。

タイトルは「浜松ぶっちゃけ座談会・本音トーク」(仮称)

全国からお集まりの先生方の中から、色々な都県から12名の方々が集い、深夜まで話しました。

先日、そのときの第一次推敲、つまり、ことばをそのまま起こした原稿が、編集部より送られてきました。

文字数にすると、ナント、3万字以上
原稿用紙75枚分です。

もちろん、ここから整えて行き、誌面にされて行くわけですが・・・

ことばの持つ、情報量の豊富さに、改めて驚かされました。

「話」を文字にすると、こんなになるのですね。

座談会の内容もですが・・・
それ以上に・・・
あの時の心を思い出して感じます。

「対面して話す」ことが、いかに大切であるか
それが、人の「心を」いかに「平和にさせるか」


今はメールやSNS、LINEといった媒体で、ほとんどのコミュニケーションをとることに慣れてしまっている社会です。

話すこと。

大人たちが忘れてしまうから、
子どもたちも忘れてしまう。

特に教育の世界に身を置いている大人たちは、ここを忘れちゃいけないとしみじみ感じました。

これからも、大切にしてゆきたいと改めて思います。

ありがとうございました。

尚、この「番外編」は、月刊、バンドジャーナル誌(音楽之友社)10月号に掲載予定です。

楽しい時間をありがとうございました。
ポチッと一押し、ご協力いただけると励みになります。
どうぞよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

東京都出身。元、公立中学校教員。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
自動翻訳
カテゴリ
ランキング
下記のブログランキング参加中
お手数ですがクリックをお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ 吹奏楽へ
にほんブログ村
カウンター


現在の閲覧者数:
リンク
緒形まゆみの本



【DVD】まゆみ先生の授業・部活動で役立つリトミック
価格:全2巻 17,280円
各巻 8,640円
(税込、送料無料)

QRコード
QRコード