プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

私は長い間、東京の公立中学校で音楽科教師をしていました。
また、長い間、部活動と市民バンドで、指揮者をさせていただいていました。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
ささやなか経験と、大いなる感謝の心をもって、頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


自動翻訳


雨の日には 雨の中を
風の日には 風の中を


1

(相田 みつを 作品集より抜粋)

暖かい春の陽ざしを ポカポカと背中に受けて
平らな道を のんびりと歩いてゆく

そんな調子のいい時ばかりはないんだな

あっちへぶつかり こッちへぶつかり
やることなすこと みんな失敗の連続で

どうにもこうにも
動きのとれぬことだってあるさ

当てにしていた友達や仲間にまでそッポをむかれてさ
どっちを向いても
文字通り 八方ふさがり・・・・
四面楚歌ッてやつだな

雨の日には 雨の中を
風の日には 風の中を

涙を流すときには 涙を流しながら
恥をさらすときには 恥をさらしながら

口惜しいときには「こんちくしょう!!」と
ひとり歯ぎしりを咬んでさ

黙って自分の道を歩き続けよう

そしてその時こそ
目に見えない いのちの根が
太く深く育つ時だから

何をやっても思うようにならない時
上にのびられない時に

根は育つんだから・・・

雨の日には 雨の中を
風の日には 風の中を・・・・

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

声かけの基準

本日もありがとうございます。

声かけの基準

・・・これ、占い師のことです。

仕事を終えて、強風の中をヨタヨタ歩いていたら・・・

一見、ちゃんとしたサラリーマン風の男性が近寄ってきました。

「あのー」

あ、道でも聞かれるのかな?

「占い師ですが、あなたの顔に気になる相がありまして・・・
もしよかったら、見せていただけませんか」と。

え゜・・・う゛・・・★■◎☆▼!!!!!

「け・・・けっこーですっ!!」
・・・と、風に吹かれながらヒラヒラ去りました。

歩きながら・・・

気になる相って・・・
たくさん人がいるのに、なんでわたしなのよ。

そうとう、うろたえました。

以前にもあったんですね。
「あなたのオーラの色を見たいのです」とか、
「ちょっと気になる方だったので、是非」とか・・・
「聖書に頼ってみませんか」と言われたことも。

なんでわたしなのよ。

・・・・
調べてみました。

仕事として占い師をしている人は、街で座っている。
お店を開いている。
街で声掛けすることは、絶対にないそうです。

気の弱そうな人。
線の細そうな人。
言い返したりするなどの攻撃性がなさそうな人。

・・・など、けっこう数、街で声掛けされている。

・・・・
きっとそういう顔していたのでしょう。私。
さらに、強風で前にまっすく進めていなかったし。

基本、Offの時には、相当情けない全体像らしい。

今日から、背筋をしゃんと伸ばして歩くぞ。
目ヂカラ維持して歩くぞ。

いや・・・それはそれで、疲れるな。

みなさんもどうぞ気を付けて・・・

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

最強の薬

1月22日は「大寒」でした。
寒さもマックス本番です。

加齢に加え、持久力のない私にはこたえる寒さです。

しんどい・・・心身ともに

そんなときは・・・

・・・・・・
笑う
意味もなく。
笑う。

1

笑は最強の薬です。

大昔・・・
胃潰瘍を頻発させていたころ・・・・

医者に言われました。

「毎朝、鏡の前で笑いましょう。

そんな気分じゃないからこそ、

自分に向かって笑いかけましょう。

それが最強の薬なんですよ」

・・・と言うわけで・・・
ヘラヘラ笑ってみた。

ヘラヘラじゃダメなんですね。
よけい、疲れた。

ニコニコがいいのかな。
ガハハもいいかも。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
本日もありがとうございます。

昨年(2016年)12月30日。
著書「置かれた場所で咲きなさい」で知られる、ノートルダム清心学園理事長の渡辺和子さんが、ご逝去されました。
89歳の生涯でした。
1

■置かれた場所で咲きなさい

世界の人口を100人の割合で考えると、高等教育を受けたくても受けられる人はわずかに1人。
だから、「置かれた場所で咲」くという気持ちを忘れず、自分が今できることを一生懸命励みましょう

■あなたが大切

いのちは大切だ。
と、言われるより、あなたが大切だ。
と、言われた方が生きてゆける

■人生はいつも・・・

人生はいつも「第一志望」ばかりを、歩けるものではありません。
そして必ずしも、第一志望の道を歩くことだけが、自分にとって、最良と言えないことだってあるのです。

■おかげさま

目立たない仕事をしている人への、あいさつを忘れてはいけません。
私たちはお互いに「おかげさま」で生きているのだから


■今を生きる

「今」という瞬間を意識して生きたいと思う。
「今の心」と書くと「念」という字になると気づいた時、「念ずれば花開く」という言葉の意味がわかるように思ったものです

■ほほえみ

ほほえむことを忘れた人たちに、ほほえみを惜しまずに与えましょう。
「あなたは1人ぼっちでない」というメッセージを発信し続けましょう。
ほほえみには、マジックのような力があります。
与えられた人を豊かにしながら、与える人は何も失わない ― それがほほえみなのです

■雑用

この世に「雑用」という、用はありません。
私たちが、用を雑にしたときに、雑用が生まれるのです。

■いい出会い

いい出会いをするためには、自分が苦労をして出会いを「育て」なければなりません。

■許す心

信頼は98%。
あとの2%は、相手が間違った時の許しのために、取っておきましょう。

★2013年、渡辺さんの著書に出逢いました。
「置かれた場所で咲きなさい」2013年ブログ

心より、ご冥福をお祈りいたします。
合掌。

いつもありがとうございます。
ブログランキングに参加中です。
下の写真をタップして、ご協力いただけたら幸いです。


にほんブログ村
本日もありがとうございます。

今年もあと2日・・・
2016年も多くの方々が、永眠されました。

12月になると届く寒中お見舞い、つまり喪中はがきを拝見するたびに、あの方も・・・この方も・・・と、切ない気持ちになります。

「上を向いて歩こう」
「見上げてごらん夜の星を」
「こんにちは赤ちゃん」
など、数々の名曲を生んだ作詞家

永六輔さんも、今年7月7日に、83年の生涯を閉じられました。
1

永さんは、テレビやラジオが始まったばかりの頃から、パーソナリティ、タレント、随筆家、元放送作家、作詞家として活躍されました。

そんな永さんのことばの中から・・・

「人の死は二度ある。

最初の死は、肉体の死。

でも、死者を覚えている人がいる限り、その人の心の中で生き続けている。

最後の死は、死者を覚えている人が誰もいなくなったとき。

そう僕は思っています」


大切な人を亡くしても
故人の思い出を誰かと語る。
折に触れて 思い出す。

哀しくて涙しても
その涙が、供養になる。

そんな気がします。

「生きているということは、誰かに借りをつくること。

生きてゆくということは、その借りを返してゆくこと。」


おたがいさまの気持ち。
生かされているという気持ち。

大切にしたいです。

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、とても嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

 | ホーム |  前のページ»»