プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

私は長い間、東京の公立中学校で音楽科教師をしていました。
また、長い間、部活動と市民バンドで、指揮者をさせていただいていました。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
ささやなか経験と、大いなる感謝の心をもって、頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


自動翻訳


本日もありがとうございます。

著作権

辞書を引くと
■ 書物、言語、音楽、絵画、建築、図形、映画、コンピュータプログラムなどの表現形式によって、自らの思想・感情を創作的に表現した著作物を、特許権や商標権にならぶ知的財産権の一つとして位置づけるもの。
・・・とあります。

音楽に関する著作権を管理するのが、 〈日本音楽著作権協会(JASRAC)〉 
通称「ジャスラック」


国内外の楽曲約350万曲の著作権を管理。
楽曲の利用者から著作権料を徴収し、作曲家、作詞家らに分配しています。

私たちも、コンクールやコンテストなど、入場料が発生する演奏の場においては、楽曲に対して著作権料を支払ってきました。
(著作権の残っている楽曲に対してのみ)
(おおよそ、「著作者の生存期間、及び著作者の死後50年」)

また、編曲する場合でも、著作権を管理する出版社に対して、編曲許諾と許諾料を支払ってきました。

ここに新たに、音楽教室で扱う楽曲についても、著作権料が発生する・・・
というニュースが波紋を呼んでいます。

(2017年2月2日朝日新聞デジタル)
ヤマハや河合楽器製作所などが手がける音楽教室での演奏について、日本音楽著作権協会(JASRAC)は、著作権料を徴収する方針を固めた。

徴収額は年間10億~20億円と推計。

教室側は反発しており、文化庁長官による裁定や、JASRACによる訴訟にもつれ込む可能性もある。


★ジャスラックの主張

著作権法は、公衆に聞かせることを目的に楽曲を演奏したり歌ったりする「演奏権」を、作曲家や作詞家が専有すると定める。

この規定を根拠に、JASRACは、コンサートや演奏会のほか、カラオケでの歌唱に対しても著作権料を徴収してきた。
(2015年度の年間徴収額1117億円のうち、演奏会やカラオケ歌唱などで徴収した演奏権使用料は、212億円で前年度比103%だったそうです)

JASRACはCDの売り上げ減などを受け、徴収対象を広げることで徴収額を確保してきた。

1987年にはスナックでのカラオケの歌唱を、2011年にはフィットネスクラブで流れる音楽を徴収対象に加えた。

2012年は楽器の講座などを含む、カルチャーセンターから徴収を始めた。

音楽教室は「演奏権の対象の中で取りこぼしてきた最後の市場」(幹部)とみている。

音楽教室では、1人または数人の生徒と教師が、練習や指導のために楽曲を演奏する。

JASRACは、生徒も不特定の「公衆」にあたるとして、この演奏にも演奏権が及ぶと判断。

ここでは歌謡曲や映画音楽など、JASRACが管理する楽曲を使っている講座も多いとみて、著作権料を年間受講料収入の2・5%とする案を検討している。

2017年7月に文化庁に使用料規定を提出し、来年(2018年)1月から徴収を始めたい考えだ。

★反論

大手ヤマハ系列では、約3300カ所で生徒数約39万人。
河合楽器製作所は、直営約4400カ所で生徒数約10万人。

JASRACの推定では、この大手2グループに他の事業者も加え、合計約1万1千カ所の教室があるという。

そのうちウェブサイトなどで広く生徒を募集している教室約9千カ所を徴収対象とし、個人運営の教室は当面除外する方針だ。

しかし、教室側は「演奏権が及ばない」という法解釈をしており、真っ向から対立。

2017年2月2日には、業界で対応を考える連絡協議会を立ち上げる。

教室を運営するヤマハ音楽振興会の三木渡・常務理事は「教育目的での利用であり、カラオケなどと同じ扱いはおかしい」と主張。

振興会顧問の青木一男弁護士は「演奏権が及ぶのは公衆に聞かせるための演奏であり、練習や指導のための演奏には及ばない

文化の発展という、著作権法の目的にも適合しない」と話す。

・・・・・・・・
以前、著名な邦人作曲家の編曲許諾を取りたくて、著作権がどこにあるのか、探したことがあります。

当然ジャスラック、日本の出版社にあるものと思いきや。
海外にありました。

日本で国際的に通用する「著作権」が確立されてきたのは、1970年代以降。
日本の作曲家たちは、無断コピーを回避するために、海外に著作権を置いていたことが分かりました。
そういう時代があったのだ、と改めて知る機会となりました。

著作権そのものは、大切な権利だと思います。
それが担保されている国は、文化的にも成熟した国であるとも思います。

・・・・・・・
以下私見です。

今回のジャスラックの発表・・・・
当面「個人の音楽教室は対象としない」とありますが・・・

全国の音楽教室、ピアノや歌の教室。
ポップスや創作楽器の教室。

ジャスラックは、高齢化社会を見据えて、「もはや、お教室は子どもだけのものではなく、大人が増えている」現実を見てのことなのかもしれません。

しかし、子どもたちの学びの場であることに変わりはありません。
これはすでに「教育の現場」ではないでしょうか。

芸術系教室・芸術系部活動・・・
近い将来、どこまで「適用範囲」が広げられるのか・・・

現在「知的財産」を所有する人たちの権利を守ることも大事。
同時に、「将来知的財産を有するであろう人たち」の「学ぶ権利」を守ってほしい。

波紋は広がりそうです。

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

本日もありがとうございます。

東京初のコンサート専用会場、サントリーホール。
いつもお世話になっていますが、設計した人のことを考えたこともありませんでした。

その人の名前は、豊田泰久さん(64)。

この方、名だたる欧州の名門オーケストラが、新ホール建設でこぞって頼りにする「日本の巨匠」なのだそうです。
(出典・毎日新聞デジタル)

豊田さんは、米ロサンゼルス在住の音響設計家。

2

ドイツ、ハンブルクに2017年1月11日にオープンしたホール「エルプフィルハーモニー」(2100席)もその一つ。

このホールは、北ドイツ放送エルプフィルハーモニー交響楽団(北ドイツ放送交響楽団から改称)の本拠地

開幕演奏会にはガウク大統領、メルケル首相が出席し、ハンブルク出身のメンデルスゾーン、ブラームスの作品やベートーベンの「第九」などで完成を祝いました。

1

商業ビルとの複合施設の、12階から23階を占めるこのホール。
地上からの高さと、建設費7億8900万ユーロ(約962億円)が、いずれも「ホールとして史上最高」(広報担当)と話題になっています。

舞台をぐるりと囲む形・・・
初めて取り入れたベルリンフィルの「フィルハーモニー・ホール」や、同じ形の、「サントリーホール(1986年)」に比べ、今回のホールは、ステージ正面の客席の奥行きを、さらに抑えているのだそうです。

豊田さんは、コンピューターによるシミュレーションのほか、10分の1大の模型を造り、響きを磨き込み、完成させました。

「出来栄えに満足している。
どの席からも、視覚と音響の両面で演奏者との一体感を味わえる」

「いいホールをつくる方程式があるわけではない。
ある意味、楽器づくりに近いのかもしれない」

・・・豊田さんは語ります。

豊田さんは、この他にたくさん音響設計に携わったホールがあります。

・ロサンゼルス・フィルの本拠地、ウォルト・ディズニー・コンサートホール(2003年)
・ロシア・サンクトペテルブルクのマリインスキー歌劇場・コンサートホール(2006年)
・ポーランド国立放送交響楽団の新ホール(2014)
・フランス放送フィルのフランス放送のホール(2014年)
・パリ管弦楽団のホール「フィルハーモニー」(2015)
2017年3月には、音響を担当した、新ホールがベルリンに完成するそうです。

欧州では、指揮者やホール設計の建築家にとって、「トヨタ」と言えば、自動車メーカーではなく、彼を指すほどの有名人なのだそうです。

・・・知りませんでした。

世界のトヨタ・・・

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
本日もありがとうございます。

昨日から始まった、NHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。
1

そのテーマ音楽を聴きました。
(留守録ですが、時間の都合で本編とばして、音楽だけ・・・)

かっこいいです。

清々しいほどに

伸びやか。

金管の荘厳なファンファーレに続き、
流れるピアノのスケール。
弦部の荘厳な主題・・・

胸がスーッとしました。

作曲は菅野よう子さん。
2
1967年生まれ、今年50歳。
震災復興支援ソング「花は咲く」
NHKあさドラ「ごちそうさん」
その他、おびただしい数のCM、劇伴。ゲーム音楽。ドラマ主題曲を量産していらっしゃる。

演奏はNHK交響楽団。

指揮者は、パーヴォ・ヤルビ
3

ピアノは、ラン・ラン。
1

本編のあと、ゆかりの土地を紹介する「大河紀行」では、五嶋みどりさんが演奏しています。
(昨年は辻井伸行さん)
1

今年も大河は、ゴージャス・・・
気合入ってます。

毎年、大河のテーマ音楽は、月刊バンドジャーナル(音楽之友社)の付録に楽譜がつきます。

この分厚いサウンドと、ピアノ、きらびやかな金管群が、どう吹奏楽譜になるのか。

すごく難しそうですが
今から楽しみです。

★オープニング曲はこちらからお聴きいただけます。
大河ドラマ「おんな城主 直虎」テーマ音楽

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

本日もありがとうございます。

明後日はもう新年。
元旦には、いろいろな「恒例」がありますが・・・

こちらも、ファンには恒例です。

「ウィーンフィルのニューイヤーコンサート」
今年の指揮者は、グスターボ・ドュダメル

1

この演奏会は、元旦に、ウィーン楽友協会から生中継されます。
日本時間では、元旦の夜の7時ころからです。

創立175年を迎えるウィーン・フィルハーモニー管弦楽団。
指揮者は史上最年少(35才)で登壇する、ベネズエラの星。
指揮者グスターボ・ドゥダメル

わくわくものです。

★予定演奏曲目

「ネヒレディル行進曲」 フランツ・レハール作曲

「ワルツ“スケートをする人々”」
エミール・ワルトトイフェル作曲

「ポルカ“帝都はひとつ ウィーンはひとつ”」
ヨハン・シュトラウス作曲

「ポルカ・シュネル“冬の楽しみ”」
ヨーゼフ・シュトラウス作曲

「ワルツ“メフィストの地獄の叫び”」
ヨハン・シュトラウス作曲

「ポルカ・シュネル“別に怖くはありませんわ”」
ヨハン・シュトラウス作曲

「“スペードの女王”序曲」 フランツ・フォン・スッペ作曲

「ワルツ“いらっしゃいませ”」
カール・ミヒャエル・ツィーラー作曲

「歌劇“ウィンザーの陽気な女房たち”から“月の出”」
オットー・ニコライ作曲
(合唱)ウィーン楽友協会合唱団

「ペピータ・ポルカ」 ヨハン・シュトラウス作曲

「ロトゥンデ・カドリーユ」 ヨハン・シュトラウス作曲

「ワルツ“奇抜”」 ヨハン・シュトラウス作曲

「ポルカ・シュネル“インド人のギャロップ”」
ヨハン・シュトラウス(父)作曲

「ポルカ・マズルカ“ナスヴァルトの娘”」
ヨーゼフ・シュトラウス作曲

「ポルカ・シュネル“さあ踊ろう!”」
ヨハン・シュトラウス作曲

「ワルツ“千一夜物語”」 ヨハン・シュトラウス作曲

「ポルカ・シュネル“チック・タック”」
ヨハン・シュトラウス作曲


アンコールは、お馴染みの2曲だと思います。
(「美しく青きドナウ」「ラデツキー行進曲)

どんな演奏会になるのでしょうか。
(個人的にはウエストサイドの「マンボ」もしてほしい・・・)

衛星生中継のテレビの中では、ウィーン国立歌劇場バレエ団,ウィーン国立歌劇場バレエ学校による、美しいダンスや、曲に合った情景など、テレビならではの放送も見ものです。

楽しみです。
是非。

・放送予定
★元旦=NHKEテレ、午後7時~午後10時
★再放送=2017年1月9日(月)
BSプレミアム、午前零時~午前3時
■詳しくはこちらをご覧ください。
NHKEテレ

ちなみに・・・
■2018年の指揮者
リッカルド・ムーティー
1

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
本日もご訪問いただきありがとうございます。

小中高校は、冬休みの練習に入っていらっしゃる頃かと思います。

楽譜を読む

これは楽譜の「情報を読む」ことです。
その中には、楽語や標語がたくさんあります。

「そのことば」の本来の意味を知ることで、表現の世界を広げる

今年もイタリア語辞典のご紹介です。

楽譜の中で多く使われることば。
最近は英語も増えましたが、それでもイタリア語が中心です。

このイタリア語・・・一番身近なのは「ドレミファソ・・・」です。
音楽の教科書の後ろにも、「アンダンテ」「フォルテ」「ポコアポコ」・・・などなど・・・たくさん載っています。

例えば「ラルゴlargo」、教科書には「ゆっくり」と書いてあります。
これをイタリア語辞典で調べると、「大きい」「広い」「十分な」「自由な」「寛大な」とあり、さまざまな使い方も書いてあります。
・・・これだけでも、largoのイメージが広がります。

その曲のそのフレーズや、まとまりを「どんな音で表現することがより良いか」・・・と、考える「材料」となります。

インターネットでも調べられますが、実際に辞典を引いたほうが、語意が豊富です。

辞書は長く使えます。
お年玉で・・・是非。


この辞書は、語意が45000と豊富。
ことばがより現代の言葉として読みやすい。
日伊の部分が増えている
旅行や、会話の勉強にも適している
・・・なと、進化しています。

もちろん、先生方にも、オススメです。

小学館「プログレッシブ伊和・和伊辞典」3240円
1

★この本は、こちらからもお求め頂けます。
アマゾン

★こちらの本も、読みやすく、お薦めです
1

楽語以外から、想像力を養う
・・・・スタンダードになりつつあるのだと思います。

★ブログ内でご紹介の記事です
本の解説・感想
★ご購入はこちらからもできます。
アマゾン

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

 | ホーム |  前のページ»»