プロフィール

ogatamayumi

Author:ogatamayumi
緒形まゆみブログへようこそ!

私は長い間、東京の公立中学校で音楽科教師をしていました。
また、長い間、部活動と市民バンドで、指揮者をさせていただいていました。
現在は、フリーとして、音楽教育や吹奏楽に関わっています。
このブログを通じて、音楽や教育、吹奏楽やその他、心に感じた事柄をみなさまにお伝えできればと思います。
ささやなか経験と、大いなる感謝の心をもって、頑張って行きたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。


最新記事


最新コメント


月別アーカイブ


自動翻訳


本日もありがとうございます。

想い・・・
感謝も謝罪も、そう思ったときにきちんと伝える。

○○が終わったら
○○ができたら

それでは遅い時もあります。

・・・・・
私事ですが、指揮の勉強を始める準備として2014年から、和声とソルフェージュの個人レッスンに通い始めました。

そのとき知人経由で紹介された先生は、国立音大教授。
芸大・桐朋・国立など作曲科受験生の個人レッスンをしていらっしゃる方でした。

約1年半、毎週1回、先生のお宅に通いました。

初めてのレッスンのとき、先生はこうおっしゃってくださいました。

「勉強を始めるのに、何歳からなんて、関係ないのです。
いつからでも勉強は始められます。
だから、頑張りなさい」・・と。

毎週、毎週、初歩の初歩から、先生は辛抱強くご指導くださいました。

芸大や、桐朋の作曲科の人たちと一緒に聴音したとき。

弦楽四重奏の聴音が、まったく取れませんでした。
私だけオロオロしていて、若い人たちを待たせました。
それでも先生は「だいじょうぶ」と。

視唱や、クレ読み、リズム視唱では、パリ国立音楽院で実際に使われている貴重な教本で学びました。

生まれて初めて聴く美しい和声。
旋律が歌えても、伴奏がつくと調性が分からなくなります。
それでぐちゃぐちゃ・・
それでも先生は「だいじょうぶ」と。

「指揮の勉強を始めるなら、バッハから勉強しましょう」と、バッハの管弦楽組曲から学びました。

バッハ・ハイドン・モーツァルト・ベートーベン・・・
毎回、アナリーゼしながら、交響曲を先生と一緒に連弾しました。

音楽の勉強をしている・・・

肩が抜けそうに重いレッスンバック
宿題に追われる日々

こんな感覚は、何十年ぶりでしょう。
出来ないくせに、感激の連続でした。

時に先生は、ご自宅の別のレッスン室に連れて行ってくださり、ご自分のお好きな指揮者の映像を見せて下り、どこがどう素晴らしいか解説をしてくださいました。

パリ時代の苦労話や、感動したお話も・・・
ご一家が演奏家なので、リサイタルや発表会にもうかがわせていただきました。

人生で忘れられない「時」をいただきました。

・・・・
経済的な理由から、昨年春からレッスンは中断させていただくことに・・・

困ったら、またレッスンに行こう・・・
けじめがついたら、ご報告のお礼に伺おう。
そう思っていました。

ところが昨年晩秋・・・先生は、突然ご逝去されました。

ありがとうの言葉を、お伝えできないまま・・・
考えてもみなかった訃報に言葉を失いました。

想いは、思ったときにきちんと伝えることの大切さを・・・
「こんど」・・・は、来ない時もあることを・・・

改めて心に刻みました。

やさしく穏やかで、ひたむきに音楽の世界に生きた先生。

今日は、先生にお礼のご報告に伺うはずの日でした・・・

本当にありがとうございました。
謹んで在りし日を偲び、ご冥福をお祈り申し上げます。

いつもありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、とても嬉しいです
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
昨日は福島で震度5の地震がありました。

もうすぐ東日本大震災から6年。
あの時の恐怖を思い出し、オロオロしました。
地域にお住まいの方々のお心を考えずにはいられません。

本日もご覧いただきありがとうございます。

今日から3月・・・
気象の世界では、3月から「春」という区分なのだそうです。

卒業・就職・年度末・異動・・・

3月は仕事や勉強の締めくくり

別れの月でもあります

いろいろな想いの中でお過ごしのことでしょう

寒暖の差も大きいし、花粉も・・

気が付かないうちに・・・
気ぜわしく、お疲れもたまってゆきます。

どうぞご自愛ください

勿忘草(わすれなぐさ)
花言葉は「私を忘れないで」「真実の愛」です

1


いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下の写真を、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
雨の日には 雨の中を
風の日には 風の中を


1

(相田 みつを 作品集より抜粋)

暖かい春の陽ざしを ポカポカと背中に受けて
平らな道を のんびりと歩いてゆく

そんな調子のいい時ばかりはないんだな

あっちへぶつかり こッちへぶつかり
やることなすこと みんな失敗の連続で

どうにもこうにも
動きのとれぬことだってあるさ

当てにしていた友達や仲間にまでそッポをむかれてさ
どっちを向いても
文字通り 八方ふさがり・・・・
四面楚歌ッてやつだな

雨の日には 雨の中を
風の日には 風の中を

涙を流すときには 涙を流しながら
恥をさらすときには 恥をさらしながら

口惜しいときには「こんちくしょう!!」と
ひとり歯ぎしりを咬んでさ

黙って自分の道を歩き続けよう

そしてその時こそ
目に見えない いのちの根が
太く深く育つ時だから

何をやっても思うようにならない時
上にのびられない時に

根は育つんだから・・・

雨の日には 雨の中を
風の日には 風の中を・・・・

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村

本日もご覧いただきありがとうございます。

小春日和のある日・・・
兵庫県尼崎市にお伺いさせていただきました。

兵庫県中学校教育研究会
音楽部会
阪神支部研修会
2017年2月22日(水)
会場 尼崎市立塚口中学校


尼崎市、芦屋市、西宮市、宝塚市、伊丹市、川西市、猪名川市の、中学校音楽科の先生方の研修会に、お招きいただきました。

1

テーマは「授業で使えるリトミック」

■ワークショップ

リトミック的
コミュニケーション向上
ソルフェージュ的

・・・各基本ワークを、ご体験いただきました。

1

3

2

授業、部活動、学級経営(学活や総合など)で、どのように活用できるかご提案。

何をおこなっても、さすが全員音楽科。
完璧です。

だからこそ・・・
子どもたちの目線にまで「降りる」ことが、意外と難しかったりします。

そんな「発見」も、ご一緒に・・・・

■別室で・・・・

ここでは、最初に、短いゲームをして、授業者として改めて子どもたちを見つめることについて、ご一緒に・・・

3


中学校1年~3年までの授業風景、発表会の取り組みも映像でご紹介しました。

週に1時間の「音楽」の授業。
この中だけで全てを行うことはとても難しいことです。

部活動・学級・授業と・・・・

それぞれが相互作用し、プラスの力となり、音楽活動につなげられたら・・・・

そんな気持ちでいっぱいです。
私自身、とても勉強させていただきました。

最後に歌った「さようなら」のカデンツ・・・
お教室がビリビリ鳴りました。

感動しました。
音楽科の底力、すごいですっ!!

「先生の仕事」は、忙しい・厳しい・
・・・でも、目の前にいる子どもたちが大好きだから・・・
頑張れる。

定期的に研修会を実施され、研究授業も実施されていらっしゃる、阪神支部の先生方のお姿に頭が下がります。

ご担当の先生方、会場校の先生、教頭先生、校長先生に、心より感謝申し上げます。

阪神支部の音楽教育の益々のご発展を、心よりお祈り申し上げます。

さようなら
ありがとうございました。

2

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のイラストを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     

にほんブログ村
今日も1日中、東京は強い風でした。

人差し指を自分に向ける

分かっていても
辛い時もあります。

分かっていても
しんどい時があります。

残念・・・自分

下を向いて、ただ上野の街を歩いていた

・・・・・
カンカンカンカン・・・

ふっと顔を上げて見た

地下鉄銀座線が、地上に出て来た
おぉ。
1000系だ。

1

ここは、上野検車区。

ここの踏切は軌道遮断式。
日本の地下鉄では、ここだけ。

誰も乗っていない車両がキラキラ輝いている

「幸せの黄色いメトロ」

この車両も、1日の仕事を終えてやってきた。

地上で見る1000系は
キラキラ
キラキラ

見ていたら、ほんわかしてきた・・・

やっぱり今日はいい日でした。

感謝

いつも応援をありがとうございます。
ただいま、ブログランキング参加中です。
下のニャンコを、ポチッと押して、ご協力いただけると、このブログにポイントが入る仕組みです。
どうぞよろしくお願いいたします。
     
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
 

 | ホーム |  前のページ»»